FC2ブログ

思いでの大百科シリーズから「蒸気機関車大百科」

 今回は思いでの大百科ネタから 昨年暮れに先日紹介した「鉄道大百科の時代」を読んだ直後に実家に帰省しました。 その折に弟が買っていた大百科の中に鉄道ネタがなかったかチェックしてみたのですが、そこで唯一引っ掛かったケイブンシャの大百科が この「蒸気機関車大百科」でした。(弟が読み込み過ぎたのでカバーがないのはご勘弁下さい) 本書のリリースは昭和55年。C57の「やまぐち号」が登場した直後くらいのタイミン...

中央道 SA・PA「麺活2019」から 「カレーうどん」

 先日来紹介している中央道麺活2019ネタから 今回は初狩PA上りの「カレーうどん」 「えっ?それって普通のメニューじゃないの??」と不思議がる向きもあるかもしれませんが実際、本当に普通のカレーうどんです。 ではなぜこれがエントリーされているのか。 私がここに足を運んだ興味のひとつがその疑問でした。 下りでもそうなのですが、上りのPAでも出されるうどんはいわゆる「吉田のうどん」です。他所では見ない硬くても...

2代目スバルレオーネのカタログから

 先日中野のカタログ処分セールで見つけた一品から。 以前亡父の乗っていた車のカタログを探したとき見つけられなかったのが2代目と3代目のスバルレオーネのカタログでした。 今回のセールにそれが入っていないか探してみたら、 ありましたありました。  ただし亡父が乗っていた仕様の車のものではないのですが、これしかないのでそこは妥協します。 その中から今回はまず2代目から。 亡父が乗っていたのは初期型のエステー...

Nゲージ入門書の黎明期・7「Nゲージ鉄道模型」

 今回は入門書シリーズから一冊を。 ホビーテクニックの一冊、長真弓著「Nゲージ鉄道模型」(日本放送出版協会)です。 本書は前回紹介した「鉄道模型レイアウト」の姉妹編、又は増補改訂版とでも言えるものです。 「レイアウト~」の方は電気関係、殊にポイントの方式の解説がやたらに長く辟易したはなしをしましたが、これは著者の責任ではなく当時のポイントの通電方式が乱立した事も大いに関係あり、同時期に鉄道模型の入...

TLVのトヨタコースター

 先日入庫のTLVから。 旧車というクルマ、スポーツカーとかクーペ、セダンといった車に人気が集中するのは当然ですが「かつては街角のどこにでもいたのにいつの間にか見なくなって久しいクルマ」というのに何かのきっかけで再会すると、思わず琴線を刺激されることがあります。 まあ、そういう車は大概商用車とかバスとかトラックである事が多いのですが、かつてはそういうクルマがミニカーになるなんて確率は低く、製品化され...

土手焼きと暖冬

 昨日の日曜日、午前中は地元の土手焼きに参加していました。 例年ならすっかり枯草に覆われ一旦火をつけると丸半日くらい燃え続けるものなのですが、今年は暖冬で草がなかなか枯れず枯草と青草のまだら模様みたいな状態。 ですがそのせいで一旦着火すると「草の枯れた所だけ燃え広がる」おかげで例年より萌えるペースが異様なほど早く2時間くらいで受持ち区画が燃え切りました。 これまで毎年土手焼きに参加していますがこれ...

道の駅南部で緑茶スイーツにひたる(笑)

 先日の静岡行きの往復には一部開通した中部横断道を使ってみたのですが、静岡方面から北上して現在北の端になっている南部ICを降りると真新しい道の駅がお出迎えしてくれます。 全体、道の駅というのは新しいが故に清潔感があり、地元の食材をアピールする食堂やお土産が手軽に買えるという点で「田舎のデパート」に近い性格があります。 (ただ、大概の場所が夕方5時くらいで閉まってしまうのは辛いですが) こちらもその例...

Nゲージ入門書の黎明期・6「鉄道模型レイアウト」

 前回この項を書いたのはなんと2012年の秋ですから放置も良いところだったネタですが、久しぶりにNゲージを中心とした鉄道模型の入門書ネタをば。 今回紹介するのは長真弓著「鉄道模型レイアウト」(日本放送出版協会) 本書は大体昭和51年頃の初版でしたが、この頃はカラーブックスの「鉄道模型」水野良太郎の「鉄道模型入門」などビギナー向けの入門書が続々と出版された時期に当たります。 ですが実はこれらの入門書の...

トミカに見る「そいなみ車」シリーズ 「レガシィツーリングワゴン」

 トミカに見るそいなみ車(そう言えばいつの間にか見なくなってしまった車)シリーズ 今回はスバルのレガシィ それもツーリングワゴンをば。 商用仕様のバンと混同されていたせいで日本ではワゴンという車が全く認知されていなかった時代。4WDという武器を提げて投入されたレオーネツーリングワゴンがワゴンとして初めてヒットを飛ばし、トヨタがカローラⅡベースで初の乗用専用ワゴンボディのスプリンターカリブで追随。既に出...

思いでの大百科シリーズ26「原色怪獣怪人大百科」

 これまでこのブログでは数々の大百科シリーズを取り上げていますが、その元祖とも言うべき一冊はこれまで取り上げてきませんでした。 大百科シリーズの始祖にして決定版とも言える「原色怪獣怪人大百科」がそれです。 実はこれの最初の奴は何を隠そう「私が最初に買ってもらった大百科」でもあります。 昭和46年の冬休み時期だったと思います。 沼宮内の田舎の本屋で見つけたのですが、変身ブームのとっかかりのあの時期「こ...