fc2ブログ

TLV-NEOのケンメリ4ドアGT

 今年、一番リリースを待ち望んでいたTLVがいよいよリリースされました。 ズバリ 「ケンとメリーのスカイライン」のCFでファンにはお馴染みのスカイライン2000GTXの4ドアセダン仕様です。 GTーRのイメージの強さから2ドアHTばかり持て囃されがちなケンメリですが、実際には4気筒の4ドアセダンやワゴンと共に6気筒仕様のGT系のセダンもかなり街角で見かけたスカイラインでした。 デザインのバランスの点では2ドアHTよりも良い...

旅先での自動販売機ネタ(笑)

 コロナ禍の反動か今月はアキバだ富士宮だとここ2,3年無かった様なペースであちこち飛び回っている気がします。 (猛暑がひと段落という気候の変化も影響していそうですが) で、そんな出歩きが増えると地元では見ないような変わったものが目につく確率も上がる訳で。 今回はそんな「出先で見つけたこんなもの」のはなしです。 専ら自動販売機の変わり種ですが。 生ものの自動販売機というのは時々目にしますが、冷凍とはい...

カラーブックスの「民芸入門」

 先日のアキバ行きでは、古本のカラーブックス(それもなるたけ安い奴)もいくつかサルベージしてきました。 自分の知らない世界、自分がこれまで興味を持たなかった世界への関心を呼び起こし(気分だけでも)視野が広がったような気分を味わえる文庫本としてカラーブックスは未だに面白い存在ではないかと思えます。 (とはいえ、休刊から大分経っているので元々のネタが古臭くなっている点は否めませんが) 今回サルベージし...

TOMIXの9600のはなし

 今回は昔のNゲージモデルのはなしから 大分前のはなしなのですが、自宅のレイアウトを観に知り合いが来た折に互いの手持ちの車輌を走行させてみたのですが、たまたまレイアウト上の併用軌道を115系が走らせていたら知り合いが曰く、 「これだったら9600でも走れるのがある」との事。 その話によればTOMIXのミニカーブレール(140R以上)をクリアできるのだそうです。C11や50辺りならまあそうかなと思うのですがD型の蒸気機関...

TLV-NEOのトヨタランドクルーザー60

 先日入庫したTLVから トヨタランドクルーザー60です。 それまで武骨なデザインを売りにしてきたランクルがワゴン風のボディを纏ったのはこの60からでした。 (日本では殆ど1ナンバー車の扱いでしたが) 60は北米市場を見据えた車格設定だったらしく今回のモデル化も北米仕様の左ハンドルだったりします。 相変わらずTLVの造形には隙がありませんし、先日のハイラックス以来の「きちんと浮き上がって造形されているプロペラ...

「元祖ニュータンタンメン本舗監修 まぜタン」

 久しぶりにご当地系カップ麺ネタから。 例によって土曜日の昼食用のカップ麺を物色していて見つけたのがサンヨー食品の「川崎のソウルフード 元祖ニュータンタンメン本舗監修 店舗限定メニュー まぜタン」というやたらに長いネーミングの一品でしたw これまで紹介してきたご当地系カップ麺で神奈川ネタというと大概が横浜発祥の物ばかりだった気がするので「川崎」という地名にまず物珍しさを感じたりします。さっそく調べ...

「宇宙怪獣ガメラ」

 レトロ&マイナー怪獣のDVDネタから。 前回はゴジラ映画最大の変化球(というかマイナー作)を取り上げましたが、今回は和製怪獣界もう一方の雄、ガメラ映画の変化球作品をば。ものは 「宇宙怪獣ガメラ」(昭和55年 大映) 今でも覚えているのですが、本作が公開された年の春は「和製特撮映画の当たり年」を思わせるラインナップでした。 東映ではまんがまつりの一環で久しぶりの仮面ライダー映画の新作「8人ライダー対銀河...

国産名車(?)のいすゞベレル

 久しぶりの43分の1のミニカーネタですが、わたし個人が好きな車種とはいえこの状態のミニカーをブログに出したものかどうか迷います(恥) 先日の秋葉の中古ショップ巡りでぶら下がっていたジャンク品。 恐らく国産名車コレクションのバラシだろうと辺りを付けたのですが、そのミニカーというのが「いすゞのベレル」だったのに食指が動きました。 今では若いカーマニアでも「ベレル」がどういうクルマなのか直ぐに言える人は...

ドラレコから見る首都高速を愉しむw

 今回は先日のアキバ行きに関連したネタです。 この間の帰省の時もやりましたが、往復に使ったS660に装着していたドラレコで車窓の風景を録画してみました。 前回の帰省の時は「思い出の故郷の風景をBGVに使う」というノスタルジーゆえの撮影だったので、撮影したわたし以外にはそう面白くない映像だったと思うのですが、今回の映像はそれとは異なり純粋に素材の面白さに惹かれてのものです。 その「面白さ」というのは首都高...

2年7か月ぶりの秋葉原(笑)

 思えばこの夏は昨年、一昨年以上にコロナ禍に振り回されっぱなしでした。 いや、コロナ禍が始まって以来夏に限らず年中通して遠出にあまり縁のない時期だったと思います。 以前は年に何度か行っていたアキバ行きも当然中断の憂き目を見ており、心の隅でそれがストレスの種になっていたのは否定できません。 たとえ買い物はしなくても、そこの賑わいや活気といった空気に触れるだけでも結構元気になれていた様な気がしますが、...