「はじめてのガンプラ(爆笑)」

 自分でも書いていて思うのですが、全くいい歳したおっさんが何やってんだか(大汗) 前にも書いた事がありますが一応私もガンダムはファンです。但しいわゆる「ガンプラフィーバー」以前の世代なので自分ではガンダムのプラモを買って作った事がありません。 (思い出らしい思いでと言えば弟の誕生プレゼントに当時まだ放映されていなかった「マクロスのデストロイド」のプラモを買ってやった事くらいでしょうか。まだやってい...

夜の停車場にて

  先週辺りからすっかり冬めいた気候で朝晩などは相当に肌寒くなってきました。 故郷の方は先日来雪化粧の景色になっているとの由。 こんな気候のせいもあるでしょうし、最近は実生活でも色々とあったりもして何か気分がふさぎがちです。 こういう気分の時に街のターミナル駅に何となく繰り出してみる事がありますが、久しぶりにそれをやってみました。 駅前広場はやや閑散としていますが、それでも田舎の軒先なんぞに比べる...

「鉄鎖殺人事件」の不覚(汗)

 今回は久しぶりに普通の本のネタから 10年ほど前から青空文庫で昔の小説、特にミステリ系のそれを読む機会が多いのですが、それをきっかけに興味を持ったり好きになった作品や作家も割合多いです。 その中に我が国における本格推理小説の先駆者のひとり、浜尾四郎という方がいます。 この方は活躍時期は戦前でしたが、検事、弁護士を経て貴族院議員まで進んだという探偵作家としては珍しい法曹界出身の経歴の持ち主。ですが、...

WIKINGのVWカラベル救急車

 今回もHOスケールのミニカーの話になります。 先日のマスタングがきっかけになったのか中古ショップでWIKINGなどの出物を見かける事が増えています。 目的とメーカーの性質上、並ぶのが殆どドイツ車の特装車系なのがなんですが、それでも日本のミニカーメーカーがあまりやらない題材も多く意外と楽しめます。 今回はWIKINGのVWカラベル(個人的にはヴァナゴンと呼ぶのがしっくりくるのですが)のアンビュランス仕様。 ・・・...

「トクサツオールナイト」のはなし

(講談社「コレクション ゴジラ大全集」1Pより引用) 怪獣映画の青春時代の話、その2です。 前に書きました、第1作のゴジラをスクリーンで見た前後の時期はリバイバルによる怪獣ブームのとっかかりでもあります。 この2年くらい前に日劇で再上映の3本立てでゴジラ大会が催されたのをきっかけに全国レベルでも旧作のリバイバル再上映が巡業されるようになりましたが、そこはなんといっても田舎の悲しさ。 岩手でゴジラ映画大...

50年前の東京モーターショーから・外車編

50年前の東京モーターショーのはなし。  今回は外車編です。  イタリア車偏重のスーパーカーブームの頃までは「外車=アメ車」と言う刷り込みが一般はもとより子供たちの間でも半ば常識化されていました。  あの頃の私だって「ムスタング」と「コルベット」位は知っていましたし。 本誌に掲載されている外車の扱いを見てもそれは一目瞭然。  欧州車の3倍のスペースがアメ車に割かれ、試作車にまで透視図が付いてくる(何しろAM...

晩秋の湖へ

 久しぶりに天気のいい日曜日。 ふと思い立って近所のキャンプ場へドライブと洒落こみます。 ここは四方を山に囲まれた小さな湖の畔にキャンプ場や民宿があるところなのですが全体にこじんまりと纏まっていて適度な包まれ感がある、安心感を感じさせます。 こういうこじんまりしたパノラマ風景を見ると何となくレイアウト向けだなとか考える私も大概です(笑) 聞く所では来年放映予定の某アニメの舞台のひとつにここが選ばれ...

「極地からの怪物・大カマキリの脅威」

久しぶりになります大昔の怪獣映画DVDネタから。今回取り上げるのは「極地からの怪物・オオカマキリの脅威」(1957年・ユニバーサル)をば。1950~60年代の映画界は日本とは別の意味で怪獣ブームでしたが、その興味の中心のひとつに「既存の生物が巨大になった」というコンセプトがあったと思います。ワニやトカゲや蜘蛛から始まってバッタやカタツムリ、末期にはそこいらのむく犬(笑)まで巨大化していたものですが本作もその流...

「関東大震災と鉄道」

先日購入した鉄道本から。「関東大震災と鉄道」(内田宗治著 新潮社)関東大震災に関する本は何冊か持っているのですが、鉄道との絡みでこの震災を俯瞰した本の存在はこれまで知りませんでした。前書きを読むとわかるのですが本書の刊行は東日本大震災の後。比較的最近の本です。関東大震災絡みの鉄道事故というと真っ先に思い浮かぶのは地すべりで列車と駅が丸ごと海に崩落した根府川駅の事例ですが、実際には同じ震災でかなりの...

デスクトップ「全国甘いもの大会」から

今年のうちの職場は出張の当たり年なのでしょうか。前回から見付もたたないうちにまたまた全国の甘い物が集結してきました。今回は西日本系のお菓子が集まったのが特徴ですが、うまい棒までもが「シュガーラスク味」だったのには恐れ入りました。たこ焼きフレーバーのベビースターラーメンはパッケージが全力で大阪を主張していますし(笑)こうして見るとお菓子のパッケージを並べるだけで物産展の雰囲気が味わえるのだから面白い...