「ザ・ゴリラ7」

 今回も懐かしアクションドラマネタから

 こちらは先日からようやくCSで見られる事になりました。
DSCN8101.jpg

 「ザ・ゴリラ7」(昭和50年 NET・東映)

 前に書いた事のある「ゴリラ・警視庁捜査第8班」とは全くの別物です(笑)

 OPナレーションの
「ザ・ゴリラとは何か?フランスでは、大統領の身辺警護者のことを愛嬌を込めて「ゴリラ」と呼んでいる。彼らは猟犬のように悪の匂いを嗅ぎつけ、ゴリラのような雄叫びを上げ、身をもって敵の銃弾に立ち向かう。悪を倒す不死身のグループ・それは、ザ・ゴリラ7!」
 というのが本作の設定を端的に示します。

 主演は直前に「キイハンター」とトヨタカリーナのCFでお茶の間の知名度を上げていた千葉真一。
 実はこの作品は千葉真一主演のアクションシリーズの第二弾でして、前作の「ザ・ボディガード」がややハードボイルド系のシリアスな展開だったのと対照的に明快爽やか系の雰囲気で構成されていました。

 これににしきのあきら、目黒祐樹、千葉次郎、志保美悦子、夏八木勲、マリアエリザベスが加わりマネージャー役に中丸忠雄が加わるというキイハンターと東映変身物の混成軍のメンツが揃います。
 製作にもジャパンアクションクラブ系のスタッフが揃っていた様で60分の大半がアクションシーンだけで構成されて居る様な印象の痛快ドラマでした。
 当時の事ですから「痛快爽やかに敵軍団の死体の山が毎回築かれる」のですがw)

 さて、この作品ですが放映と並行してコミカライズが描かれていました。
 実際のドラマ脚本を基に園田光慶が作画を担当したものでOPでも掲載誌の「月刊プレイコミック」のテロップが見られます。

 本作は故郷では放映されなかったという意味では幻の番組だったのですがなぜかこのコミカライズだけは実家にありまして内容のアウトラインは分かっていたものです。
 これが読み返して見ても結構面白かったのでぜひ観たいアクションドラマのひとつでした。
DSCN8187.jpg

 第1話の「武装強盗団」のはなしは警視庁の鬼刑事の一人娘を誘拐して拘留中のリーダーの弟の釈放を要求する武装強盗団にゴリラ7が「身代金の横取りを目的に」戦いを挑むという内容なのですが
 その強盗団のメンツが 伴直弥(イナズマン)、成川哲夫(スペクトルマン)、打田康比古(超神ズシーン)に池田駿介(キカイダー01)という豪華な組み合わせ!
 ゴリラ7にしてからが千葉真一が二代目七色仮面、志保美悦子がビジンダ―、千葉治郎が仮面ライダーの滝和也。
 目黒祐樹も実写版のルパン三世を演じていましたから第一話が時ならぬ「スーパーヒーロー大戦」の様相を呈しています(驚)

 そういえばマネージャーの中丸忠雄も「電送人間」でしたけど。
 第4話にしてこういうネタが出るか!?の「ゴリラ撲滅大作戦」では以前ゴリラに壊滅させられた暴力団の残党がゴリラ壊滅作戦を打ち上げる(ふつうこういうのは半年くらい経ってからやるネタと思うのですが)
 その面子が組長の佐々木孝丸を筆頭に中田博久、潮健児、安藤三男、山本昌平、丸岡将一郎とこれまた「スーパー悪役大戦」の様相を呈しています。

 他の回も概ねこれに近いノリですが個人的に観たいのは「岸田森が元武術家の暗殺者として千葉真一と対決する話」とか、ゴリラ7が「容疑者をだます目的で偽の警察署を丸ごと作ってしまうはなし」とかだったりします。
 ようやく今回の放送でそれらが観られる事になるのですから今から楽しみで(笑)

 ちなみにこのシリーズは後番組に再びハードボイルド路線に戻った「燃える捜査網」が続くのですがこちらは意外に不評だった様で1クールで普通のアクション刑事物の「大非常線」に切り替わりそのまま打ち止めになります。
 このシリーズで故郷で放映されたのは最後の「大非常線」だけでした。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ザ・ゴリラ7

 懐かしいと言うか忘れかけていたドラマです。
ゴリラと言うと私も平成元年からのゴリラ第8班が直ぐに浮かびますから。
確かゴリラ7はOP場面に志保美悦子の2段蹴りが印象的でSPの真木よう子より迫力があって「強いお姉さん」=ビジンダーの延長線
かな(笑)
ゴリラと言うと60年代の米国製ドラマ~とっこうギャリソンズ・ゴリラの方が私としては馴染があり昭和56年頃にTV東京・・・
確か当時は東京12チャンネルで金曜日の深夜にやっていました。
土曜は学校が有った関係で少しか観てませんがCOMBATと違い正規な軍人では無く犯罪者の部隊で当時流行していたIspyやナポ
レオン・ソロ的なアクション+コミカル性を狙った作風です。
そう言えばB級イタリア?で連合軍特殊部隊が宇宙人と協力してノルマンディーへ上陸し勝利を得る?
トンデモ映画があり、ここまで行くと???です。

Re: ザ・ゴリラ7

> 星川航空整備部 さん

 「ギャリソンゴリラ」実は私の所ではやっていなかったので未見です。CSでもなかなか掛かりませんね。

 本作や後の「警視庁捜査第8班」の他にコロコロコミックで「ザ・ゴリラ」アニメでは「亜空大作戦スラングル」のチーム名が「ゴリラ」(OP歌詞でも連呼している)とアクション作品が無闇にゴリラづいている(笑)理由のひとつには間違いなく「ギャリソンゴリラ」の影響があったのでしょうね。
 (8班はシュワルツェネガーの「ゴリラ」かもしれないですが)

 となるとやはり観たくなります(笑)