FC2ブログ

トミカのフェラーリ488

先日入手できたトミカの新製品(といってもリリースは先月半ば)フェラーリ488GTB 実はこいつも予約していなかったので大概のショップから払底してしまい見つけるのに苦労しました(汗) このクルマについては実車の思い出があります。 2、3年前にとあるイベントの警備に駆り出された折にこいつのオープン仕様が目の前を通過しまして、その図体と流麗極まるボディ造形に驚かされたことがあります。この手のスーパーカーはただ通...

TLVグロリアの新旧比較

 先日紹介したTLVのリニューアル版グロリアを10年前の旧製品と比べてみました。  手前のブルーのが旧製品です。  先日、コメントでご指摘いただきましたが、もともとトミカリミテッドヴィンテージというのは1960年代にトミカがあったらという想定で60年代車をモデル化し、更にそれをリミテッド仕様にしましたと言う複雑な経緯と言うか設定でスタートしたシリーズです。(これの前に出ていたトミカリミテッドは通常品のトミカを...

SJ30ジムニーコレクション

 たった今気がついたのですが当ブログの訪問者数が20万を超えました。 メインに比べるとかなり遅かったのですが、それでも近年はこんな脈絡のないブログでもメインに負けない位の数の皆様に見て頂いている事も増えました。 形式上はサブブログという事になっていますが、今は事実上ツートップ状態になっていると言ってもいいかもしれません。 ともあれ今後ともよろしくお願いします。 兼ねて欲しかったアオシマのSJ30ジムニー...

TLVのグロリアリニューアル

 先日入手したTLVから。 初代のTLVで初代セドリック、MS40クラウンと同時にリリースされた2代目グロリア(初代の影が薄いのでこれの方が初代と思っている人も多い。私もそうでした汗) TLVも10年以上を経過しその間の造形の進歩が進むにつれて当時は驚きだったこのモデルの造形も見劣りするようになっていました。 そんな事もあってか今回スーパー6仕様という事で実質的なリニューアルがなされたグロリアがリリースされたのが...

TLVのMS120系クラウン2800ロイヤルサルーンG

 先日登場のTLVから 前にも紹介したMS120系クラウンHT、今月になって3ナンバー仕様のロイヤルサルーンがリリースされました。 実車はエンジンの排気量アップの他にバンパーの大型化、グリルの造形の変更などで見た目の上級感を出している事が特徴でしたが、その辺のノリは今回も良く再現されています。 特に今回は先行して5ナンバー仕様も出ていましたからこのふたつを並べるだけで5ナンバーと3ナンバーの違いを比較できます。...

TLVのスバル360

 今回は何を今更なTLVネタです。 先日実車の登場から60年を記念して登場したスバル360のTLVを先日ようやく入手できました。 スバル360自体は通常品のトミカでも出ていた事がありますが今回モデル化されたのは初期型のライトが小さい方です。 しかも統一スケールの64分の1サイズでありながらエンジンフードが開閉してエンジンを覗けるという親切設計。 こうやって覗いてみると「やけに小さいエンジンだったんだなあ」と改めて...

あの頃のポルシェを懐かしむ

 今回は昔購入したTLVのはなしから 二年くらい前になりますか、CS放映の「名車再生!クラシックカーディーラーズ」でポルシェの912のレストアが取り上げられた事があったのですが、そこに出て来る912の軽快感、適度に肩の力を抜いた様な割り切りの良さは今観ても魅力的だと再認識しました。 中でも「911よりも馬力はないけれども100%その性能を引き出せます。ギアの一つ一つを堪能できますね」というマイクの言葉はスポーツ...

キャラウィールのアスラーダGSX

 今回は趣向を変えてアニメから 新世紀GPX サイバーフォーミュラのアスラーダGSX(平成3年 日本テレビ サンライズ) 「コンピュータによるナビゲーションシステムを搭載したレースマシン・サイバーフォーミュラの登場は、 F1に代わる21世紀のニューレースマシーンとして、世界中の人々を熱狂させた」 と言う冒頭ナレーションが示すようにロボットアニメで鳴らしたサンライズがその文法をモータースポーツものに持ち込んで成...

TLVのMS120系クラウンロイヤルサルーンSC

久しぶりの新車のTLVネタです。  MS120系クラウン4ドアHT。いわゆる「クリスタルピラー」の仕様です。  同時期のY30セドリックがまるで弁当箱を重ねて色を塗った様な単純なフォルムで客が離れたのに対し、適度に膨らみ感のあるウェストライン、控えめなスラントノーズ、一見控えめに見えてかなり目立つ光り物の配し方とクリスタルピラーの存在感で「誰にでもわかる高級車」のお手本みたいなデザインで人気をさらいました。  今...

トミカプレミアムのフィアット500

先日入手のトミカプレミアムから。フィアット500、元祖トポリーノです。最近はリニューアル版を街角で見かける機会が非常に増えていますが、私個人ではやっぱりこの型の方がしっくりきます。このモデル、実はトミカとしては相当に大ぶりに見える点が特徴です。それもそのはずスケールは45分の1。国際規格の43分の1にごく近いものなのです。ですから43分の1のミニカーと並べると案外しっくり来ます。トミカのフォーマットは基本的に...

TLVのY31グロリアグランツーリスモSV

 昭和の末頃ですから今からもう30年以上経ちますか。 ある朝、何の気なしに全国紙の誌面を開いてとある新車の広告に驚きました。「一面全体が坂本龍一のどアップの顔写真」それだけ「キャプションが『新しいセドリックを見た』」それだけ 肝心のクルマの写真もスペックも一切なし。ただ「セドリックが新型になりますよ」という事しかわからないという当時としては非常に斬新なディザー広告でした。 当時のY30セドリックとグロ...

トミカプレミアムのトヨタ2000GT

何を今更ネタです。この間ようやくトミカプレミアムのトヨタ2000GTを入手しました。5月に近所のSAのショップで買いそびれてから、店頭でもほぼ払底してしまっていたので入手を諦めかけていましたがようやく中古ショップで物を見つけられたものです。以前出ていたトミカのリニューアル版の2000GTはライト部が異なる前期型でしたが、今回のプレミアムは新規金型の後期型のモデル化の様です。この場を借りて告白するのですが、実は私...

トミカプレミアムのフェラーリテスタロッサ

 30年近く前の話です。  当時実家の帰省には独身時代の気楽さでシャレードのGT-XXで徹夜走行していたのですが、深夜の東北道の栃木の辺りで後ろから急速にこちらに接近する丸目4灯のライトを目にしました。  こちらもそれなりのペースで走っていたのですが、それにしても接近があまりに速い。  それが当時としてはライトの間隔が結構幅広だったので「随分と飛ばしてくるトラックだな(当時はトラックの丸目4灯が普通でした)」...

ダイヤペットの「スバルレオーネ2WD」(笑)

 この間近所の中古屋さんで見つけたダイヤペットから。 79年式の2代目レオーネのHT! レオーネ自体ミニカー化に恵まれない素材なので、これまで出物にもなかなか当たらなかった車種でした。 この型のレオーネのバンは亡父が乗っていましたし、見かけたら買っていたであろうミニカーの最右翼ではありました。 ただしミニカーとしての状態は良くありません。 玩具としていじり倒された形跡はないのですがボンネット部のダイカ...

トミカの「ラフェラーリ」に驚く

 久しぶりに新車のトミカのはなしから トミカとしてはかなり久しぶりのリリースとなったフェラーリ。 個人的にはフェラーリというと相当に雲上のクルマというイメージが強くてこれまで出ていたモデルも買った事がありません(自慢にも何にもならないw) ですから先日久しぶりの製品化という事でトミカ界隈で話題になっている「ラフェラーリ」も当初は関心がありませんでした。  が、ブログのコメントで交流のある方が殆ど手...