TLVのR33GT-Rオーテックバージョン覆面パトカー

 久しぶりにTLV-NEOの話題から つい先程引き取ってきたTLV-NEOの新車です。  R33GT-Rオーテックバージョンは既にパトカーを持っているのですが、今回の奴は覆面仕様。  パトカーの時も結構強面感を感じていたのですが、覆面車では更におっかない感じが強まった気がします。  ただの白いスカイラインなのに(笑)  こんなのがバックミラーに写ったらとりあえず逃げたくなりますが、すぐ追いつかれるのは確実でしょう。  後...

トミカプレミアムのキャディラック

今回はミニカーのはなしです。先日、レパードと一緒に購入したプレミアムはキャディラックエルドラドビアリッツ(長いな)アメ車のオープンカー、それも50年代、60年代丸出しの車がトミカで出るとは思いませんでした。ピンク色のキャディラックは浮世離れ度では随一!おそらくトミカでは最大級の巨大なテールフィンがこの車のキャラクターを雄弁に語ります。こういう何処か突き抜けた様なクルマがコレクションに入るというのはある...

トミカプレミアムのレパード

 今回はアキバ行きの戦利品から 私の近所で一番トミカの品揃えの良い所。  それはデパートでもなければ玩具屋さんでもなく「高速のサービスエリア」だと思います。  通常品とプレミアムに限られますが(トミーテックの奴はありませんでした)絶版品コーナーがわざわざ作られていたり大型のショーケースがあったり初代パブリカの形の棚があったりと近所の店ではまず見られないディスプレイ。  都会の客相手だとこうも力が入るの...

スカイラインの覆面パトカー

 先日久しぶりにトミカの整理をしていて久しぶりに引っ張り出したものから 確か10年ほど前のトミカくじだったと思います。 R31、R32、R34のスカイラインの覆面仕様のパトカーたち  当時はなんとなくキワモノ臭く感じたものですが、今観直してみるとこれはこれで様になります。 R31GTS-Rのパトカー仕様なんか「もし西部警察がもう数年続いていたらこんな感じのマシンGTS-R」なんてのが出ていたんじゃないかとか思ってしまいま...

TLVのY30セドリック後期形

 今回はTLVネタです。 先日のグロリアに続いてTLVのY30セドリックも後期形が登場しました。  良くも悪くも大雑把の極致だった初期型のフロントエンドはマイナーチェンジでかなり手直しされ日本人好みのこてこて感あふれる加飾がなされました。  マイナーチェンジで薄型のヘッドライトが取り入れられるのはこの頃の日産車に多いパターンですが普通にそれをやるとライトが薄くなった分上か下に間抜けな空白が空くことになります...

TLVのMS60クラウンパトカー

先日のアキバ行きで入手したアイテムから。TLVのMS60クラウンバンのパトカー仕様。実はこんなのが出ているなんて知りませんでした(汗)いつもの私なら決して見逃すはずがないのですが。クラウンカスタム自体は通常モデルと太陽にほえろ!仕様の後期型をそれぞれ持っています。個人的に歴代クラウンの中で最も「未来」を感じさせるデザインなのがMS60なのですが、その未来性が嫌われて売れなかったというのは皮肉でした。バンの仕...

TLVのトヨタパトロール 移動電話車

 今回は久しぶりのTLVネタから「オイ、二十面相君、おどろいたかい。ぼくをだれだと思う? きみにさんざんひどいめにあった小林だよ。明智先生の少年助手だよ。ハハハハハ、きみは方角がちがうと言ったね。方角なんかちがうもんか。行く先は警視庁にきまってるじゃないか。あのオートバイと、警察自動車に護送されて、警視庁行きだよ。(中略)ホラごらん、あの自動車には銀色のひげがはえているだろう。イナゴのように、ピンと一...

カーコレ80の真っ赤なR32

 今年の初め秋葉に出かけた折に「鉄道模型の福袋」を買う機会がありましてその中に入っていたアイテムのひとつです。 カーコレ80のR32スカイライン。 同形のモデルは以前に白を入手していたのですが、今回のは真っ赤なモデルです。 前に白モデルではプロポーションのぽっちゃり感が気になったのですが、ボディカラーが赤くなっただけで幾分ですが、その印象は薄められているようです。 しかも驚いた事に白と赤でホイールを作...

HOスケールのハイエース

 先日行きつけのスーパーで見つけたアイテムから BEAMと言うメーカーの「ハイエースSUPER GL」 いわゆる「ガチャ」です 最初は「ほお、こういうのもあるのか」位にしか思わなかったのですがガチャの表示に「80分の1」と つまり現行ハイエースのHOスケールモデルという訳です。 しかもカーコレ80よりもはるかに安い1台300円。それに気付いた途端1000円札を崩す馬鹿がいると(笑) 以前同じシリーズでノーマルの仕様も出てい...

トミカのルーチェパトカー

 今回は久しぶりにミニカーのはなしから トミカの二代目ルーチェのパトカー仕様。 通常品では存在しないショップの特注仕様です。 私の学生時代、故郷の警察では殆どセドリックやクラウンのパトカーなど見なかった一方でこのルーチェやギャラン辺りの奴はお馴染みでした。 (これはタクシーでも同じでコロナやブルのタクシーがメインでした)  それだけにこれの入手は嬉しかったし、又感慨深い物があります。  余談ですが、...

KYOSHOのS660

アキバ土産のサプライズアイテムから。アキバで必ず立ち寄る中古ショップのミニカーコーナーでトミカサイズのS660を見つけました。「えっ、いつの間にこんなのが出ていたの!?」と驚きましたがものは紛れもなく64分の1スケールのS660です。しかもメーカーはKYOSHO! お値段が2千円弱と少し高いかなと思える値付けでしたが、このチャンスを逃すと買えない気がしてつい手を出してしまいました。帰宅後に調べて見たら昨年夏にローソ...

絶版名車のプリンススカイラインスポーツ

 先日来、「ウルトラQ」を久しぶりに観返しているのですが、そのせいかウルトラQの劇用車として主人公たちの乗るスカイラインコンバーチブルが妙に気になっています。  コンバーチブルは流石にトミカにはなっていない様ですがクローズドルーフのクーペの方は絶版名車で以前出ていた事があり、久しぶりに引っ張り出してみました。  60年代の国産車の中では群を抜いたのびやかなフォルムが印象的ですが、後のソアラや今のレクサス...

グラチャンコレクションのジャパン

 正月の静岡行の戦利品から。 今でもあるのかどうかは知りませんが昭和の終わり頃から平成の初め頃にかけて、中央自動車道では正月シーズンの「初日の出暴走」と言うのが毎年話題になっていた事があります。 その名の通り初日の出を見るために全国から暴走族が集合して中央道をねり歩き、警備のパトカーの群れと小競り合いを繰り返すという行事だったのですが、いちどだけそうした集団の中、パーキングエリアに紛れ込んでしまっ...

今年も春から「紅白のEXA」

 今年最初のミニカーネタです。 先日の静岡行で入手したアイテムから 正月という事で紅白のおめでたい揃い踏みです。 ノレヴの43分の1EXA。トミカでこれが出るとは思えないので(本音では出て欲しい)見つけたら買うつもりでいたモデルです。 クーペとキャノピーが揃った組み合わせだったので即、手を出しました。 「パルサー」の冠が取れた二代目のEXAは全車Tバールーフのディタッチャブルトップに加えてトランクフードをノ...

リーツェのVWキャディ

HOスケールミニカーから前回のカラベルに続いてもうひとつリーツェのVWキャディ、消防指揮車(たぶん)なんとドイツ車なのに「フランス消防」の仕様だったりします。まあ、ルノー4なんかでもこういうのがありましたし形態自体はそう珍しくないのですが。(そういえば「アルトハッスル」なんてのもあったなあ) 個人的に何となく「花屋の配送車」を連想してしまうこのボディで消防が活躍するというセンス(現実にはかなりの実用性...