FC2ブログ

「鉄道の日」の運転会から

 今回は先日の鉄道の日の記念イベントの運転会に参加したメンバーたちの車両を並べます。 こうして見ると本当に短時間で色々と走ったものです。 私一人だったらとてもこれだけバラエティ溢れる組み合わせは揃えられないでしょう。こんな所がクラブのレイアウトの強みではあります。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村...

今日は鉄道の日という事で

近くのターミナル駅で行なわれた鉄道イベントの運転会に参加してきました。早朝から会場の設営、運転期間中は応対やら撮影やらと大忙しでしたが、何となく「鉄道の日」を意識できただけでも意義は大きかったです(笑)一般向けという事もあって堅苦しい考証は抜きにしてお祭り騒ぎに徹したという所でしょうか。 とはいえ、前回の国分寺で活躍した新幹線と蒸気機関車、HOモデルは今回は見られませんでした。 その一方で前回参加が...

赤レンガと超高層ビル

 先日の上京では久しぶりに東京駅の、丸の内側赤レンガを見てきました。 思えば最後にここに来たのは数年前の正月、グランクラスで帰省した時以来ですからかれこれ5年は経っていますか。 その頃に改修を済ませて誕生当時の威容を取り戻した東京駅。 生まれた時から馴染みだった改修前の直線的な屋根の時しか知らない身からすれば、何やらタイムスリップでもしたような気分になります。 あの当時は周囲を威圧するランドマーク...

久しぶりの中野・・・

 先日秋葉原を覗いた話をしたばかりですが、今回は平日休を利用して久しぶりに中野へ出かけてみました。 同じ都内でも東の秋葉原、西の中野と言いますか、同じ様な物(ある人には萌え系のなにか、私にとっては変な本とテツドウモケイの中古とかw)を売っている場所なのにノリが全く異なるのが面白い場所ではあります。 中央線のホームから眺めるサンプラザ。いつの間にか駅が高層ビルに埋没してしまっている秋葉原に比べると本...

久しぶりに秋葉原

 毎年この時期には一度は覗く秋葉原。 今年も研修ついでに覗いてきました。6月初め以来ですか。 今回も平日の昼間という時間帯だったのですが、ここにいる限り曜日の感覚と言う物はないに等しい気がします。 (まあ、日曜日には歩行者天国がありますが) 先日来のパンケーキ旋風(笑)もあってパンケーキ屋さんにはつい目が行ってしまいます。 この店、確か前に行った時には「ご注文はパンケーキですか?」の看板があった気...

運転会なのに「泊まるはなし(汗)」

 今回の運転会は比較的遠隔地での開催という事もあってビジネスホテルで一泊でした。 ところが会場周囲でお祭りやイベントが重なった関係で空き室が取れず、メンバー全員が泊まれるのが「電車で片道30分は掛かる」隣町。 東京人の感覚としてこれが遠いのか近いのか私には判断できかねますが、とにかくそういう事になりました。 初日のイベントを終えてとにかく電車に。 このビルは周囲に高い建物が殆ど無いせいか見晴らしが良...

運転会点描

 メインブログでも触れていますが先日の週末は国分寺駅ビルでの鉄道模型の運転会で運転と肉体労働(要するに設営と撤収、輸送)をやっていました。 会場が駅ビル最上階のレストラン街という事で天窓あり植え込みありというこれまで体験した事のないロケーションでの運転となりましたが色々と新鮮だったのも確かです。 ただ、モジュールレイアウトの内側のスペースが殆ど植え込みに占領されてしまっていましたので、いつもの運転...

街並みを歩いていて

 帰省でまとまったスケジュールがあったり、移動の際に車窓から眺めたりと、故郷の街並みを見て回る事は帰省の楽しみでもあり、切なさを感じるときでもあります。 現住地に移ってからもう30年くらい、毎年1,2度は帰って見るものの最初は気付かない位に徐々に、そしてある時になって自分が子供の頃に普通に存在していた風景が失われている事に気づいて愕然とする事が増えました。 街のランドマークや有名な建造物がなくなったと...

丘の上の空飛ぶ円盤

帰省で覗いた故郷のネタから 実家にほど近い山の上には私が物心付いた時から建っている展望台があります。 これがまた巨大なキノコというか着陸中の空飛ぶ円盤みたいなノリの建物でして、夜にライトアップされると結構目立つランドマークでもあります。 その展望台ですが昨年の帰省時に登ろうとしたらコンクリートの剥離の為に立ち入り禁止になっていました。かれこれ築50年近い代物だけにやむを得ないとはいえ、どうかするとこ...

ただいま帰省中

 先日からお盆の帰省に入っています。 盆にもろに重なるだけに渋滞は覚悟しなければなりませんし、最近の気候の不安定さも気になりましたが、どうにか往路は無事に走り切りました。 運転時間もいつになく長く、往路だけでどれだけBLACK BLACKを口にしたか、どれだけおちゃやぽカリを飲んだのかよく覚えていない位です。 ただ渋滞が多かっただけに、燃費はこれまでで最低のリッター16.6帰路に留まりましたが。 そうまでしてた...

秩父から大滝へその3

前回の続きです。 大滝温泉を出たS660は雁坂トンネルを抜けて埼玉から山梨へ。トンネルを入る前まで35℃前後あった気温は、トンネル内で25℃を割り、めっきり涼しくなりました。トンネルを出ても晴天なのに29℃と入る前とだいぶ違います。トンネルを出て最初の道の駅は「みとみ」西沢渓谷に隣接した道の駅ですが、秩父近辺と違い高所なのに不思議と広々としているのが印象的でした。ここでもなにか食べてゆこうかと思ったのですがあい...

秩父から大滝へその2

 前回の続きです。 荒川を出て彩甲斐街道を引き続き西進。 次の目的地は大滝温泉の道の駅です。 ここは見るからに「渓谷の道の駅」という風情。 川の両側が切り立った断崖で道の駅もなんだかそこにへばりついている様な趣です。 駐車場までもが限られたスペースを活用するべく二段構え。 他の田舎だったらここまで豪華の構造にはしない気もするのですが、そこは流石政令指定都市を抱えた埼玉県と思いました(笑) この辺り...

秩父から大滝へ・その1

 このくそ暑い時にわざわざ現住地よりも暑い所に出かけるとは我ながら物好きですが、先日秩父から大滝温泉を経由して三富へ抜けるルートをS660で走りぬきました。 これには多少よんどころない事情もあるのですが、軽自動車のスポーツカーならではのコースであるとも言えます。 関越道花園ICを出て彩甲斐街道(さいかいかいどうと読むそうです)を西進、秩父鉄道と並行する区間の手前から「皆野寄居有料道路」に入ります。 一種...

真夜中の怪奇本2018 番外編「日本ナゾ地帯」を探訪する

 先日紹介した50年前の少年サンデーの「日本なぞ地帯」 今回はそれにまつわる探訪から。 この特集で取り上げられているミステリースポットの中に、うちの車でもいけそうなところが一箇所ありました。 「原因不明のスリップ」という記事がそれです。 「雨も降っていないし、水もまかれていないのに突然車がスリップしてしまう不思議な道路」なのだそうです。 ここに取り上げられている柳沢峠は自宅から2時間くらいの距離でし...

操法大会にて

今回は久々に地元の行事・日常ネタです。先日は地元の消防団の消防操法大会にお手伝いとして参加してきました。この日のために毎晩夜間練習に付き合ってきましたがその成果が出るや否や。大会は朝早くから午後一杯まで行われますが時間が経つにつれて蒸し暑くなって行くのが参ります。一番つらかったのが閉会式の頃間いでした(大汗)とはいえ、選手たちもずいぶんと頑張ってくれたのは何より。頑張りにふさわしい成績を上げる事が...