FC2ブログ

この夏見かけたクルマたち2019

帰省時や遠出の折に見かけたクルマネタから。 東北道を北上中に前を走っていたトラックですが後ろから一見するとトレーラーのトラクタの様に見えたのですがそれにしては妙に小さい。 一体なんだろうと思っていたのですが次のSAでその車を前から見て納得しました。 何の事はない「艤装前の消防車」だったのです。 ドア部分の手すりなどは消防ポンプ車に特徴的ですし色も完全に消防車していたのですが後ろ半分がない(あと回転灯...

エスティマの販売終了に思うこと

 先日、エスクァイアの点検でディーラーに出かけた折、そこのテーブルの上に乗っていた冊子に目が止まりました。 エスティマが今年いっぱいで販売終了との事。 前のマークXの時にはそれほどの感慨がなかったのですがエスティマの場合、今乗っているエスクァイアの前に乗っていただけにインパクトはそれなりに大きいものがあります。 ミッドシップ後輪駆動として登場した初代はその思い切ったメカニズム(直列4気筒エンジンを75...

S660の車検とバージョンアップ

 先日S660も最初の車検を迎えました。休日専用、基本空いた道路をまとまった距離走る使い方をしてきたのでエンジン関係のやれは少ない方でしたし(小傷が避けられないという弱点があるものの)ボディカバーを常用していたのでボディ系の劣化も(露天に近い条件での保管としては)最小限だったと思います。 さて、実は今回の車検に合わせて懸案だったあることを実施しました。 それは「フォグランプの装着」です。 以前濃霧の朝...

代車のN-WGN

 先日からうちのS660は初めての車検です。 この所のぐずつき気味の天候のせいもあって、屋根を外す事が出来ないため少々ストレスを溜めていたのですが、車検で預けている間はそれもあまり気にしないで済みそうです(笑) さて、まとまった期間車を預ける訳なので当然代車が来るのですが、今回の代車は白いN-WGN。 実はN-WGN自体が今週末にはモデルチェンジを迎えるので現行型として通用するのはあと1週間もありません(笑) N-B...

梅雨時のオープンカー3題(笑)

 相変わらずむしむしする気候が続いています。 流石に今日ばかりは雨もぱらつく程度で済んでいますが、何れにしてもオープンカーには苦しい季節ではあります。 (真冬でも降水さえなければオープンカーでも結構楽しめるのですが) そんな折に近場を走っていたら前方から近づいてくる1台のクルマディタッチャブルトップ仕様のランボルギーニ・アヴェンタドール! 今にも降り出しそうな空模様の中、あえて屋根を外して疾走する...

出先で見かけたクルマたち2019年6月編

  久しぶりの出先で見かけたクルマネタです。 長野で見かけたなんていう事のないマイクロバス。 最初は何かの移動店舗かと思ったのですが 「骨密度の測定バス」らしいです。レントゲン車とか移動検診車というのはうちのような田舎でも結構見ますが、骨密度を測るのに専用車があるなんてのは知りませんでした。 ですが側面のタープの雰囲気は移動店舗か移動図書館のそれです。昔はこういうタイプの車をよく見かけたものですが...

懐かしのカタログから「スバルレオーネ4WD」

カタログに見る亡父の自家用車ネタ第3弾。「スバルレオーネ・4WD!」野田圭一氏の威勢の良さと渋さを併せ持った掛け声のCMは未だに私の記憶に鮮烈な印象があります。亡父がカローラ30から乗り換えに検討していた車がそのスバルレオーネでした。 何しろ1976年当時セダンの4WDと言うとこれしか選択肢が無かったので遅かれ早かれこれがうちに来るのは確実だったとは思いますが。(因みに4WDのセダンは1982年頃に三菱がトレディアと...

懐かしのカタログから「トヨタカローラ30」

 亡父のマイカーをカタログで偲ぶ第二弾 前回紹介したマツダファミリアプレストの次に乗っていた「トヨタカローラ30(さんまる)」をば 前回紹介したファミリアは色々な意味で60年代後半から70年代初め頃までのイケイケ状態を象徴していた車でしたが、このカローラ30迄のあいだに車を取り巻く環境は大きく変わりました。 その最大の理由のひとつが排ガス規制でしたが、それ以上に大きかったのがオイルショックです。 1973...

マークXの販売終了に思うこと

 新元号まであと少しと言うこのタイミングでコロナマークⅡから50年続いてきたトヨタのマークXが年内で販売終了と言うニュースが飛び込んできました。 マークXに衣替えした直後はそこそこ話題にもなったクルマでしたが、現行モデルにチェンジしてから10年近く経っているので「これはひょっとしたら」と思ってはいたのですが、実際に終了のニュースを聞くとかつてのマークⅡ旋風を見てきた身からすると少なからず驚きと感慨を感じざ...

懐かしのカタログから「マツダファミリアプレスト1300」

  先日の中野行きでの戦利品です。 あちらには旧車のカタログの専門店があり、前にもこのブログで紹介した事があります。 今回出掛けた目的のひとつがそのカタログだったのですが、今回はかつて亡父が乗っていた(つまりわが家のファミリーカーとして一定期間乗られていた)クルマの物を漁るつもりでおりました。 まあ、旧車には違いないとはいえ「昭和ひとけた生まれの妻子持ちのおっさんがファミリーカーとして選ぶような車...

今月のクルマ風景

 最近見かけたクルマ風景から 近所の駐車場で見かけた某ワンボックス。 観光地ならば屋根の上に自転車を載せる」なんてのはざらに見掛ける風景と思いますが 1台でこれだけ積んでいたらいっそ見事と言いますか。駐輪場が走っているというか自転車の空母かなにかみたいです。 恐らくどこかの部活のクルマなのかと思いますが、だとすると少なくともこの台数に見合うくらいの人間も乗っている事になりますから凄い話です。 こち...

アルバムの中のクルマから… 2

 先日PC内のデータ整理をしていて発掘した「どこかで見かけたクルマたち」の写真から 今はなき万世橋の交通博物館の閉館直前位のタイミングで見かけた旧車のミーティングと思います。 弁慶号の前のカラフルな旧車と言う取り合わせが今となっては懐かしい。 当時はファミリーカーより少し大きいくらいのクラスだった筈のカリーナやベレットですがこの写真を見ると初代インプレッサ(スバルのファミリーカークラス)よりも小さい...

アルバムの中のクルマから…

 先日PC内のデータ整理をしていて発掘した「どこかで見かけたクルマたち」の写真から とは言っても私のデジカメ履歴なんてここ10年くらいなものですから古くてもその辺の時期のものです。 かつてはランクルと並んであちこちで普及していた「サファリの消防車」 西部警察の特車サファリの種車でもありますが、写真のクルマは平成の頭頃にビッグマイナーチェンジをして顔つきの変わったタイプです。ついでにオーバーフェンダーも...

出先で見かけたクルマたち2019年2月編

 一昨年辺りから半ば突発的に始めた「見かけたクルマたちシリーズ」今年最初のネタです。 正月の帰省の折故郷で見かけた「ポルテのタクシー」 盛岡近辺ではプリウスのタクシーがかなり走り回っていますが、ハッチバックと言うボディ形式上「テールゲートを開けると寒気が豪快に車内に侵入する」と言う、岩手で使うにはなかなか痛い弱点があります。 (そのせいか未だにノッチバックタイプの初代プリウスのタクシーが残っていた...

マニュアルミッションに思うこと

今回は久しぶりに車ネタから。昨年の暮れの話ですが、町内会の生活指導パトロールというのがありまして近所の小中学生の父兄が中心になって何台かの車に分乗し子供たちの啓蒙パトロールをやってきました。用意された車は地域パトロールのハッチバックや軽自動車数台だったのですがその中に「スズキのエブリィ」がありました。 ところが乗車の時にこのクルマに集まっている父兄が尻込みしているのを見て何だろうかと思って覗いたら...