学習まんがの「テレビ特撮のひみつ」

 今回は先日入手した「特撮本」から(笑) 学研の児童書についてはこれまでに取り上げて来た「ジュニアチャンピオンコース」とその派生シリーズである「ユアコースシリーズ」などがあります。 が、それとは別に当時の本屋の児童書のコーナーに必ずあった「まんが本」がありました。 その名も「学習まんがシリーズ」 「科学」「学習」シリーズの学研だけあって他社がよくやる様なテレビマンガのコミカライズとは異なり「面白く...

思いでのユアコースシリーズから「ホームズからの挑戦状」

 思い出のジュニアチャンピオンコースから 今回はユアコースシリーズの「ホームズからの挑戦状」をば。 以前紹介した「ルパンからの挑戦状」の姉妹編ですが発売順はこちらが先です。 まあ、普通ならホームズの方を先に出すのが「探偵クイズ」らしいでしょうね(笑) クイズの内容は「ルパンからの~」とか「名探偵トリック作戦」辺りとあまり違いはありません。 が、注目点は劇画クイズ。 以前「名探偵登場」で「ルパン対ホ...

思いでのジュニアチャンピオンコースから・「あなたに挑戦!」

 久しぶりの「ジュニアチャンピオンコース」ネタから 私の手持ちとか知り合いが貸してくれる本とかもそろそろネタが尽きつつあるので更新頻度も下がり気味です。 そんな残り少ない中から今回は 「頭のトレーニング」(これについては近いうちに紹介します)姉妹篇の「あなたに挑戦」をば。 この種の児童書では古くからの定番とも言える「クイズ・なぞなぞ系」の一冊です。 ところで「あなたに挑戦!」と言うタイトルを聞いて...

「電車なんでも入門」

 今回は「電車なんでも入門」から この本は以前紹介した「機関車入門」の姉妹編とも言える内容で当時の日本の電車を俯瞰して見せるものです。 著者も「機関車~」と同じ古谷善亮氏なので読みやすい文章という長所もそのままです。 機関車と比べてジャンルとしての電車の特徴は私鉄の比率の高さです。 関東や関西を中心に大手の私鉄がひしめく日本では各私鉄ごとに特徴あふれる電車が存在しそれらの個性が機関車以上に際立って...

「もっともくわしい機関車鉄道図鑑」

今回は朝日ソノラマの「もっともくわしい機関車鉄道図鑑」を。 本書の著者は先日物故された竹島紀元氏。 ファンには言わずと知れた「鉄道ジャーナル」の元編集長、レールウェイライターの草分けだった方です。 「入門」でも「大百科」でもなく「図鑑」を名乗っている所に類書との差別化を感じさせますが、本書ではイラストは殆どなく、その分が殆ど図解に当てられている所に硬派振りを感じさせます。 実際、当時の子供の一人で...

思いでの入門百科から・・・2

2月頃に一度紹介した事のある「小学館の入門百科」の話の続きです。今回も実用系の本が中心ですがこういう機会でもないと纏めて紹介しにくいので「トランプ入門」 ゲーム、占い、マジックとトランプの全てを網羅した一冊です。 実用系の本らしくジャンルの網羅度は高いのですがそれだけに教科書臭さも感じたりします。 ですが「トランプ」と言うだけでこれだけ書けるのですからこの世界もつくづく奥が深いと思います。「うらない...

「鉄道ものしり百科」から

 先日から始まった子供向けの鉄道入門書のはなし 第2回は秋田書店のカラー版ジュニア入門百科「鉄道ものしり百科」から 筆者の佐藤常治氏は大人向けの旅行書なども手掛けるレールウェイライターのはしりだった方です。 「鉄道の事ならなんでもわかる鉄道入門書です。貴重な資料と楽しいマンガで解説してあるので、おもしろく読めます。」 「一読、鉄道ものしり博士になれる鉄道ファン必読の本です」 というのが、本書の裏表...

あの頃の鉄道入門書から・「機関車入門」

 先日紹介しました児童向け鉄道入門書のはなしから まずは小学館の入門百科シリーズの「機関車入門」から 本書の煽りには「鉄道100年を走り続けた機関車の魅力を豊富な写真と絵で解説!SLファンにも大評判!!」とあります。 ここからもわかるように本書は「鉄道100年」の時期に当たる昭和47年の初版、SLブームど真ん中の登場です。 それでもこの版形の児童書としては最も登場が早かった方と記憶しています。 著者は古谷 善...

あの頃の「鉄道入門書」のはなし

 懐かしのジュニアチャンピオンコースのはなし・・・ と言いますか、今回から暫くは小学館の入門百科等のライバルシリーズの本を中心にする事になります。 と言うのも、70年代のジュニアチャンピオンコースが不得手としていた「鉄道ネタ」が続くからです(笑) SLブームの前後からこの手の自動入門書は一斉に鉄道、SLネタの本をいくつか出していたのですがジュニアチャンピオンコースは末期の一時期を除いて鉄道ネタ(と言うか...

刑事物語~犯人を追う刑事の汗と執念~

 今夜はジュニアチャンピオンコースのはなし・・・ですが今回はやや脱線します。 ジュニアチャンピオンコースで私のトラウマ本となっている「あの事件を追え」「世界ショッキング事件」「あの犯人を追え」 これらの本に共通しているのは著者が大野進氏である事です。 氏は実録の事件のノベライズを得意としていた方の様でごく平易な筆致の中に迫力のある描写が読む側に凄みを感じさせたものです。 その資質は姉妹編の「ジュニ...

思いでのジュニアチャンピオンコースから・「レンズはさぐる」

 今回はジュニアチャンピオンコースネタから。 以前も書きましたが、ジュニアチャンピオンコースではマスコミネタとメカネタはあまり扱われなかった記憶があります。 他の入門百科で見かける「怪獣」「ミリタリー」「アニメ」等を主体とした物は殆どありませんでした。 が、だからと言ってテレビネタが全くなかった訳ではありませんがこれがまた如何にもジュニアチャンピオンコースという趣のものです。 その一冊が今回紹介す...

思いでのユアコースシリーズから・「怪物・王貞治」

 今回は久しぶりのジュニアチャンピオンコースネタです。 ジュニアチャンピオンコースの第1号は「ONの野球コーチ」でした。 この本の出た70年代初頭当時は巨人を中心としたプロ野球の全盛期に当たり子供たちの野球人気も相当なものでした。 ですから児童書の新シリーズの第一号に野球の本が選ばれるのも当然と言えば言えます。 さて、その数年後にジュニアチャンピオンコースの上位版として出たユアコースシリーズの第一号も...

思いでのジュニア入門百科より「拳銃百科」

 ジュニアチャンピオンコースはこれまでにいろいろなジャンルの本を多数出していますが何故かあまり手を出さなかったジャンルと言うのもあります。 そのひとつにメカ系というのがあります。 初期~あ全盛期のジュニアチャンピオンコースでは車、軍用機、拳銃はもとより学研自体が鉄道模型を出していながら鉄道本すらラインナップされていませんでした。 (但し終期にはいくつか出る様になっています) 同様にアニメディアなん...

思いでのジュニアチャンピオンコースから・「あなたは名探偵」

 思い出のジュニアチャンピオンコースネタから これまでにも「名探偵登場」「名探偵トリック作戦」とかの推理クイズネタを取り上げましたが、今回はその中の最初の一冊 「あなたは名探偵」を取り上げたいと思います。 余談ですがこの本の出た前後の時期に川崎敬三主演で同名の推理クイズのドラマが放映されていました。まあ、偶然だと思いますが。 本書はジュニアチャンピオンコースの中でもごく初期の一冊ですが、そのせいか...

思いでの入門百科から・・・

 小学館の入門百科の実用ジャンルから。 ジュニアチャンピオンコースでも占いやゲーム、スポーツの関連の本が出ていますが小学館入門百科のそれはやや対象年齢が上と言う印象で少しだけ硬派なイメージがあります。 これは小学館の学習図鑑と学研の図鑑のノリの違いをそのまま引き継いでいる印象で、学研のそれがカラー図版を駆使してイラスト中心のビジュアル系の展開なのに対して小学館のそれは少しだけ文章量が多く、情報量の...