FC2ブログ

思いでの少年ドラマから「快傑黒頭巾」

 久しぶりの少年ドラマシリーズネタ 今回は「快傑黒頭巾」(昭和51年)をば。 以前「吠える密林」で少年倶楽部文庫の事について触れた事がありましたが、同文庫で少年探偵シリーズと同じくらいよく読んでいたのが「快傑黒頭巾」でした。 幕末の時代、庶民の味方となって悪辣な役人や兵隊を懲らしめる謎の黒覆面の剣士、「黒頭巾」が庶民の喝さいを浴びていた。 一方、江戸城の死命を握る「太田道灌がひそかに作らせた江戸城へ...

思いでの少年ドラマから「赤外音楽」その3

思いでの少年ドラマシリーズから「赤外音楽」の3回目(完結)です。 ミュータント研究所所長の指示通りに赤外音を発するキーボードを叩きつづけるメンバーたち。 やがてメンバーの周囲でも徐々に赤外音が聞こえる人々が現れ始めました。 最初に赤外音楽が聞こえなかった主人公の兄にもキーボードからの音声が聞こえ始めます。 ところが、それと並行してメンバーの何人かに記憶の一時的な消失や人格の変化が起こり始めたのです。...

思いでの少年ドラマから「赤外音楽」その2

 前回紹介した「赤外音楽」の続きです。 前回このネタを振った時「最近個人的に私が観るTVが天本英世づいている」と書きましたがその勢いはまだとどまる所を知りません。 先週末には「変身忍者嵐」に魔王サタンとしてレギュラー、先日には「探偵物語」の一篇「ダイヤモンドパニック」で冷徹な殺し屋役で強い印象を残しました。 今回の「赤外音楽」でもようやく天本氏が登場します。(アスキー出版局「NHK少年ドラマシリーズのす...

思いでの少年ドラマから「赤外音楽」その1

 思い出の少年ドラマシリーズから 実を言いますと先月に「ウルトラマンレオ」昨夜「キングコングの逆襲」そして来週の「帰ってきたウルトラマン」と連続して天本英世がゲスト出演する作品が連続しているのでこの機会に便乗してみようかという下心もあったりします(笑) 前回紹介した「夕ばえ作戦」は昭和50年の春頃に一度再放送されていますが、それの後番組として放送されたのが今回紹介する「赤外音楽」(昭和50年)でした。 ...

思いでの少年ドラマから「ポンコツロボット太平記」

 今回は思い出の少年ドラマシリーズから 実は本来ならば今回は別の作品を取り上げる予定でいたのですが、今度のアキバ、中野ツアーで原作本を入手した一冊がありましたので臨時企画として「ポンコツロボット太平記」(昭和53年)実は本作については本放送を見たことがなかったのですが、10年ほど前の少年ドラマのDVDに第1話だけが収録されています。もっとも当時の私のお目当ては併録の「未来からの挑戦」の方だったので購入こそ...

思いでの少年ドラマから「夕ばえ作戦」

 思い出の少年ドラマシリーズから 今回は「夕ばえ作戦」(昭和49年)から 本作は光瀬龍のSFジュブナイルの映像化で少年ドラマのSFの中でも特に活劇志向の強い作品でした。 とある古物屋で「誰も見た事のない物体(笑)」のガラクタを入手した主人公の中学生、砂塚茂。 ところがその物体はスイッチ操作で「江戸時代へスリップしてしまうタイムマシンだった」 江戸時代に紛れ込んでしまった茂は江戸時代の風魔忍者群と地元の代官...

思いでの少年ドラマから「孤島の秘密」

 思いでの少年ドラマシリーズから タイムトラベラーはじめSF,文芸作品、ホームドラマと色々なジャンルを網羅している点も魅力的な少年ドラマシリーズですが、年に何本かは海外製の子供向けドラマも放送しておりこれがまた結構面白かったりします。 「長靴下のピッピ」なんかは今でも隠れファンが多い作品と聞いていますが、今回は一風かわった冒険ものの「孤島の秘密」(昭和52年)から うろ覚えの記憶を頼りに主題歌の歌詞を...

思いでの少年ドラマシリーズから「それ行け名探偵」

 思い出の少年ドラマシリーズから今回取り上げるのは「それ行け名探偵」(昭和48年)をば。 子供かせいぜいが高校生を主人公にしている事が多いこのシリーズとしては珍しく本作の主人公は青年たち(車を運転しますしw) 原作は城戸禮の「探偵令嬢」と言う作品だそうですがあいにく私は未読です。 もし読んでも恐らく後半は恐らく原作とは相当に違う話になっていそうですし(理由は後述) 映像面で面白いのは本作はフィルム撮...

思いでの少年ドラマシリーズから「少年オルフェ」

 思いでの少年ドラマシリーズから このシリーズの第一作であるタイムトラベラーと前回紹介した怪人オヨヨの間には実際にはホームドラマや文学作品の映像化なんかが2,3本挟まっていたのですが、これを見ても少年ドラマシリーズと言うのは実にジャンルの幅が広い為に自分好みの番組がどこに掛かるかわからない所がありました。 まあ、そこが同じNHKでも大河ドラマや朝の連ドラなんかと異なる魅力でもあ合ったのですが。 SF、コ...

思いでの少年ドラマシリーズから「怪人オヨヨ」

さて私の記憶だけが頼りの少年ドラマシリーズネタ第一回は「怪人オヨヨ」(昭和47年)から  オヨッヨー オヨッヨー オヨッヨー~オヨヨ!  オヨヨ オヨヨ、オヨヨのヨ オヨヨ オヨヨ、オヨヨのヨ オヨヨ―!!(これテーマ曲のフレーズですw) 例えばある回の冒頭はこんなインタビューから始まります。 「ねえ君たち、怪人オヨヨって見てる?」 「観てない」「見てないよ」 「どうして?」 「だって怪獣出てこないも...

思いでの少年ドラマシリーズ

 このネタを書くときはどうしても思い出話から始めなければならなくなります。 岩手で最初の「仮面ライダー」が放映されたのはキー局半年遅れの昭和46年10月頃。時間は土曜日の午後6時でした。 当時の餓鬼の例にもれず最初の本郷編は毎週食い入るように観ていたものです。 ところが私の記憶を紐解くとそのすぐ後の「一文字編」に関しては実は本放送当時の記憶が驚くほど希薄なのです。適当な話数を飛び飛びに見ていた記憶はあ...