食堂車におもうこと

 初めにお断りしておきますが、わたくしオシ16と言う客車の実物を見た事はありません。 ですが個人的には馴染みの深い食堂車でした。 以前から折に触れて紹介している「模型と工作別冊・鉄道模型工作ハンドブック」 この本の車両工作記事のなかで観たのが私とオシ16の馴れ初めだったりします。 何しろこの記事に出ていたモデルが無塗装だったばっかりに「オシ16は白い客車」だと長い事思いこんでいましたから(恥) 以来、客...

「ジャンクの花道」の客車から

 今回は今日から始まった運転会に関連した車両のはなしから。 「ジャンクの花道ツアー」の主役でもあります。 詳しい話はこちらをどうぞ光山市交通局「運転会初日の夜から・ジャンクの花道ツアー(笑)」 今年上半期に増備された中古車の特徴として機関車が無闇に増えたことがあるのですがそれに伴ってこっそりとですが客車も増えています。 機関車が増えればそれが牽く車両が欲しくなるのは当然ですが最近の客車は新車でも中...

貨物列車のはなし

レイアウト上でEH500が牽引するコキの10連(運転会などではこの二倍以上の長さの列車を見かけますが)を走らせています。レイアウトの長さの関係でこの辺りが限界と言う所です。貨車はKATO/TOMIXの混成ですが、半分近くはED75を購入した時にセットで付いてきた物です。この時はED75目当てだったのですが最近では逆にコンテナ貨車目当てでこのセットを買う人もいるようです。 最近故郷へ帰省してそこの列車を眺めていると、旅客列...

オリエント急行88の夢編成

メインブログでオリエント急行88の増結セット入線に伴う夢の編成の記事が続いているのですが数年前の基本セット入線時も実車ではありえない牽引機との組み合わせで随分と楽しませてもらいました。 今回はその話の再構成です。 OE88を入線させて以来実例に囚われずにいろいろな牽引機を試してみましたが、中でも予ねてやりたかった組み合わせが流線型蒸気との組み合わせでした。 手持ちのマイクロのC53はまさにうってつけの機関...

12系と修学旅行

  私の故郷ではかつて12系といえば、先ず連想されるのが「修学旅行列車」でした。  中学の修学旅行は北海道だったのですが、同じ市内の何校かで一つの列車を借り切って青森まで移動していた訳です。図鑑で見るような155系電車やあおぞら号(修学旅行用)等うちの田舎で走る訳も無く、当時は物足りなく思っていましたが、今となってはその12系でも懐かしく感じられます。  そこで今回の車輌を使って当時を再現してみまし...

あの頃の「北星」

 30年程前に私が唯一乗った事のあるブルートレイン。  それがかつて盛岡ー上野間を結んでいた「北星」(北斗星に非ず)でした。  鉄道模型を再開した時いつかはこの列車を物にしたいと思っていましたが、先程やっと願いが少し叶った所です。  とはいえ、この列車を再現する上でのネックは客車ではなく、機関車の次につながっているある車輌の存在でした。  「ワサフ8800」。鉄道の形式名に詳しい人にはわかりますが、これは「...

二つの展望車

 今回は手持ちのジャンク品の中から。  展望車付きの昔の特急客車・スハ44系。  昔の展望車はこんな風に外に出て風に当たりながら景色を眺められたのでしょうか。ある意味オープンカーに近い爽快感があったと思います。  東北本線辺りではついぞ見られない形の車輌です。やはり寒い所では吹きさらしは逆に辛かったかもしれないですね。  そして「いまどきの」展望車。  いわゆるイベント列車の14系「サロンカーなにわ」。  ...

そういえば、MX-83という名前でした。

先日の「西部警察PARTⅢ」を見てついムラムラと来て製作したのは「国鉄無蓋車対応ミサイルランチャー(笑)」  今回の作例は一応番組をチェックしてはいるもののあくまでも「それらしく見える」程度のレベルの物です。 最初番組を見た時はかなり大型のミサイルという印象だったのですが実際に貨車に搭載されているシーンをチェックすると意外に小型である事が判明しました。  ランチャーを合わせた全長はトラ70000の半分位。劇中...

ふたつのシキ

 最近のN車両は特にマイクロエースとトミーテックの活躍(笑)もあって「まさかこんな車両が」というのが製品化(それも量産品として)リリースされるので驚かされる事が多いのですがやや古い製品とはいえ、これなどはその際たる物と思います。  昔の鉄道図鑑などでは貨車の項の最後辺りに大抵載っていた「大物車」  田舎出身の人間はまず見る事が無いであろう異様な迫力を感じさせる車両に子供の頃は「こんな化け物みたいな貨...

3メーカー混載の「八甲田」編成

 今回は先日触れたマイクロの「八甲田」の編成のその後の話です。  前回は、マイクロの増結セットを購入し、残りの車両を手持ちのハコで補充する形で「八甲田みたいな何か」編成を構成する方針にする話をしましたが…  唯一欠けていたグリーン車は結局スロフ62の板キットを急遽補充しました。  ただ、出来の方は相変わらず大惨事です。何しろ早く編成が見たさに今の時点でまだ屋根の塗装と接着をやっていません。  特にサッ...

「八甲田」の困惑

 皆様の中にも「二つ欲しいセットがあるのに一セット分の予算しかない場合、どちらを取るか」で悩んだ事が一度はある方も多いのではないかと思います。   先日、私を襲った悩みがこれでした。 物はマイクロの「八甲田」。  編成の魅力を考えるとかねてから「金があれば欲しい」セットの一つでした。 今回、とあるショップで見つけたのですが「基本セット」と「増結セット」の二つがあるのに呆然としました。  しかも新品だ...

思い出のオハ47

 今回はゆく夏を惜しんで思い出話です。  子供の頃から学生時代にかけて、お盆の墓参りへの交通手段は旅客列車でした。  高速道路開通前は盆の列車の混雑は今の比ではなく通路に立つのは当たり前、それどころかデッキにまで立錐の余地がない位客が詰まっていました。 で、旧客ですから当然冷房もなし。窓を半開~全開にしてもなかなか涼しくはなりません。  デッキではドアを開けっ放しにして「空気の強制循環」というのも普...

荷物列車に挑む(汗)

 先日の台風をやり過ごしてから暑い日が続きますがそれでも夜は涼しさを感じるようになりました。 そのせいか工作の方も少しやりやすい感じがします。  とはいえ、条件が良ければ上手く作れるという訳でもないのですが(恥)  さて先日ブログで触れた郵便・荷物車のキット工作ですが、どうにか進行中です。  まずオユ10・12ですがサッシやHゴムの色差しには手こずりました。  確かにボディカラー1色に比べると映えるのですが...

荷物列車のはなし

今回は思い出話から始めます。「何れにしても私は興味を持った。あの晩何かが普通列車の後を追って来た筈だからね」 「それで、どうでしたか」「思った通り、妙な列車があった」 「旅客列車ではない。かといって貨物列車でもない。貨物を運んでいるのに旅客列車の扱いを受けている列車なんだ」 「へえ、そんな列車があるのですか。鵺見たいですな」「さっき貨物列車はスピードが遅いと言ったがこれは例外だ。列車普通より速い」  ...

中古のホキ800

 先日16番のスターターセットを購入した際に一緒に購入していたものです。  NのTOMIXホキ800の中古モデル4両。実は昨年の今頃にも新古モデルを入手していた(おかげで手すりパーツを付けるのに難儀しましたが)のでこれでホキの6連編成が可能となりました。  とはいうものの、前のユーザーの手でカプラーがKATOのナックルタイプに換装されていたのでそのままでの連結は無理ですが(汗)  その一方で全車ウェザリングがなされて...