単機回送の運転会(笑)

 消防の方もひと段落つきましたのでようやく鉄道模型の運転にまとまった時間が作れます。 そんな訳で今回はまずNゲージを走らせました。 今回は昨年来に入線した機関車を中心に単機回送かそれに近い運行形態での運転です。 ですので単機の機関車だけをとっかえひっかえというレンタルレイアウトでやったら顰蹙確実(笑)な所業となりました。 先日私を驚かせたムサシノのED54、こればっかりはロコに負けない存在感(リアリテ...

鉄博風モジュールの展示物から(笑)

今回は運転会用の「鉄博風」モジュールの改装のはなしから こちらのブログでレイアウトの話など本当に久しぶりです。 博物館内部の展示物の主役は言うまでもなく運転会でメンバーの持ち込んだ車両たちですが、それ以外のスペースをベンチと人形で埋めることなどとてもできない相談でした。 イベントスペースで「Nスケールのモジュールレイアウト」なんてふざけたものも作りましたがそれでも不足です。 ここは鉄道以外の展示物...

棚幡線 開業記念列車たちから(笑)

 メインブログでも紹介していますが、梅雨明けに伴い急遽建設中のミニSLレイアウトの営業開始を繰り上げる事としました。 詳しい事は以下のメインブログをどうぞ。光山市交通局・七夕にレイアウト開業 さてメインでは一番列車のはなしを書きましたがここでは他の車両たちを紹介します。 アーノルドのT2蒸気。 カプラーが特殊なため列車の編成ができませんが単機で走らせても様になるロコです。 記念運転は正にこのロコ向きで...

レイアウト上のカオスな空間

 最近普通のレイアウトに置くには躊躇させられるものの、アイテム自体は面白いというものが続々出ていますね。 車両で言えば萌えコミック系のラッピング電車とかがそれに入ると思いますが、それ以外でも暴走族バイクはもとよりガンダムのフィギュアやら特撮物の劇用車、遂にはメイドさんやキャンギャルまで出てきました。 昔だったら、たまにこういうアイテムが出ても手を出しにくかったですが、レイアウトに電気街や即売会と言...

レイアウトの光山市観光案内・竹取坂の保存街区

 妄想設定の開陳も兼ねた「光山市観光ツアー案内(こうとしか書きようがない)」第6弾から甘味横丁に隣接する区域から。  甘味横丁裏の公園から見下ろせるのは保存街区。 少しレトロで由緒のありそうな建物の並ぶ「竹取坂の明治村」みたいなところです。 この街並みを作るきっかけとなったのは趣味の再開直後に近所の中古屋で格安のファーラーのキットを手に入れた事ですが、おかげで街並みの性格付けはかなり明確になりまし...

レイアウトの光山市観光案内・よ市のある一角

 妄想設定の開陳も兼ねた「光山市観光ツアー案内(こうとしか書きようがない)」第5弾は昨年のコンペにも出品した「よ市」のある街並みから。 この部分は私の故郷の商店街のひとつという実在のモデルを基に作っています。その意味では私のレイアウトの中では珍しいケースです。 立ち並ぶ商店ですがこれも基本的にはモデルが存在するのですが自作は殆どなく似た建物の既成品が出るのを待って配置するというある意味邪道な構成で...

暮れの夜景運転

 年末恒例の年越し運転のはなしから 今回の事実上のメインとなった夜景運転。 クレイドルレイアウトを設置した時から想定していたのですが真ん中のビル街だけに照明があるという構造上「通しの運転では全コースの半分以上が闇夜に室内灯だけ浮かび上がる」寂寥感丸出しの物となりました。 いくらなんでもこれでは寂しすぎるので運転の合間に照明を追加しています。 使ったのはかねてからこの時期に買い込む「クリスマスイルミ...

レイアウト紹介・光山市観光案内4「保存街区」

 今回はレイアウトの観光案内第4回です。 甘味横丁裏の公園から見下ろせるのは保存街区。 少しレトロで由緒のありそうな建物の並ぶ「竹取坂の明治村」みたいなところです。 この街並みを作るきっかけとなったのは趣味の再開直後に近所の中古屋で格安のファーラーのキットを手に入れた事ですが、おかげで街並みの性格付けはかなり明確になりましたし、奥の丘の上に洋館を拝する事で全体の統一感も取れたと思います。 とか言い...

レイアウト紹介・光山市観光案内3「甘味横丁」

  妄想設定シリーズ、電気街・映画館通りときて今度は竹取坂の「甘味横町」です。 竹取坂は光山有数の観光地という設定で観光資源としては日本一の花卉市場と言われる「花屋通り」「鉄道社会館(これはモジュールの「鉄博」でやっています)を中心にレトロな建物が並ぶ「保存街区」や丘の上の洋館の「県立迎賓館」などがあります。 が一方でどうしても食い気に欠けるので性格のはっきりした、それでいて気楽に行けそうな場所が...

光山市観光案内・2・映画館通り

 前回電気街からスタートした「レイアウトの紹介」と称する「妄想設定開陳」の「光山市観光案内」第二回です。 電気街に隣接しているのは「映画館通り」 こういうのがあるのもこの一角が他の町と異なる特徴です。 映画館通りというのは私の故郷に実在していたのですが最近は櫛の歯を引くように閉館が相次ぎ、今ではモデルで再現してよすがを偲ぶくらいしかないのかとも思ったりします。 それはさておき映画館通りの案内をば。...

光山市観光案内・1・電気街

 今回は当レイアウトの設定のはなしです。 こんな妄想じみた話はメインブログでは恥ずかしくて中々書きにくいものですが、架空都市の光山市の観光案内か何かのつもりで読んでいただければ、暇つぶしにはなると思います(汗) 私のレイアウトの町並みにはそれぞれ一定のモチーフを与えてありますがそれらは「名古屋より小さく、仙台よりは大きい規模の地方拠点型政令指定都市」の一角のモデル化という想定で作っています。 電気...

レイアウトの没写真

 メインのブログでも触れていますが、コンペに出品した時の没写真をこちらでも紹介したいと思います。 メインの奴と併せてご覧頂いても一興かと(汗) 屋外撮影は七難隠すと思っていましたが、こうして改めて観ると雑な所ももろに露見しますね(大汗)にほんブログ村にほんブログ村現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。...

レイアウトの「映画館通り」に感じること

今回はややノスタルジーめいた話になります。 先日の帰宅時に開いたニュースで知った驚き。  故郷の映画館通りのメイン映画館二つが閉館との由。  ここが改装前だった頃から知る身としては寂しい気になります。  ここは映画館通りの中でも最も大きな小屋でしたし学生時代にガンダムの劇場版や大魔神の上映会などでお世話になっていた所なので猶更そう感じるのかもしれません。  かつての映画館通りもそれ以前から三軒ほどが閉...

レイアウト改修2011・8・路面電車の架線・2

 順番が前後しますが今回架線を引こうと思った動機から説明させて頂きます。 本線の場合架線柱が林立している様は他のレイアウトでも良く目にしますが架線が引かれている例はあまりありません。  架線はないよりはあった方が良いに決まっていますが本線では編成物が主体である事を考えるとレールオンや脱線時の扱いで手間がかかる事、架線柱だけでも結構目立つ事等があまり普及しない原因の様な気がします。  加えて日本の場合...

レイアウト改修2011・7・路面電車の架線・1

今回からは風景をそれまでの観光地風からコンバートして商店街を中心とした風景の改修に入ります。 まずかねての懸案であったトラム線の架線を張りました。 実は以前、モジュールでトラム線を組み込んだ時にも架線に挑戦したのですがロールした真鍮線を使った為に架線の形を保てず、又、真鍮線はすぐに変形してしまうために見事に失敗していました。  今回はそのリターンマッチの意味もあります。 但し今回の作例は半田付けなし...