思い出のカラーブックスから「日本の私鉄・京成」

 久しぶりのカラーブックスネタ 今回は「日本の私鉄 京成」です。 いまのわたしの行動圏の中で最も縁の薄い関東の大手私鉄が京成なのですが、初代AEのインパクトはそれでも凄まじく、今でも「京成=スカイライナー」の刷り込みが強かったりします。 実際、私の手持ちの京成車輛はその初代AE車しかないのですが(汗) 尤も、今回の一冊は2代目AEの頃が中心で昔の頃の列車の扱いがやや小さいのが残念ですがそれでもこの私鉄特有...