太陽にほえろ!から「四色の電車」

 今回はちょっと変わり種のネタで。

 先日再放送を観ていた「太陽にほえろ!」の625話「四色の電車」というのをやっていました。
 東京と関西で発生した女性連続殺人事件。
 すべての現場に犯人が残した「濃い緑色のライター」が落ちていたというのが発端です。
 被害者そのものには殆ど共通点がなく難航する捜査の中、神田正輝扮するドック刑事が着眼した共通点。
DSCN5910.jpg

 それは「すべての現場から国電の電車が見える」という事でした。
 さらに捜査が進むにつれて現場から目撃できる編成が全て103系だったという共通点が浮上。

 次に事件が起こるのはどこか、狙われるのは誰なのか?そして犯人の狙いは?

 というのが大体のストーリーです。
DSCN5911.jpg

 あの当時としてもかなりマニアックな題材でよくこれが夜8時台のドラマで放送された物だと妙なところで感心しました。

 未見の方もおられると思うので落ちについては触れません(まあ、大体刑事ドラマにありがちな落ちではあるのですが)
DSCN5914.jpg

 さて、ここまで書いてお分かりの様にこの話では103系そのものがストーリーの上での伏線になっています。
 当時の103系にはドラマで取り上げられた通りの編成が実際に走っており、見様によってはあの頃でないとみられないという意味では興味深く、且つ楽しい物でした。
 (少なくとも私はそう思うのですが…)

 本放送の当時は私は趣味の中断中でしたし、そもそも103系自体持っていなかったのですがご承知の通りこの春の「ジャンクの玉手箱」のおかげで103系が大量増備されこれに近い物は再現できるようになりました。

 そんな訳で調子に乗って(笑)シーンの再現です。
 登場する103系が非ATC仕様に近い初期型の顔なのもKATOの103系しかない私のラインアップの上では好都合です(あっ、これもドラマの伏線だ)

DSCN5913.jpg

 余談ですがこの話で犯人役だった長谷川 諭(テロップでは論と誤植?)は昭和50年代の初め頃はNHK少年ドラマの常連だった子役で、個人的には「明日への追跡」の謎の転校生、竹下清二役が鮮烈な印象を残します。
 後には青春ドラマのレギュラー生徒役でほぼ正反対の性格のガラッパチ的な役もこなしていました。
 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント