思いでのジュニアチャンピオンコースから番外編・ムッシュー田中の思い出

 思いでのジュニアチャンピオンコースのはなし、今回は番外編です。
DSCN4908.jpg

 私が子供の頃、小学館の学習雑誌というと「内山まもる」のイメージが、冒険王だと「すがやみつる」と「一峰大二」と言った様にその雑誌やシリーズのイメージと重なる漫画家というのが必ずあったものです。
 上述の漫画家はそれぞれウルトラマンシリーズとか、ピープロの特撮物、あるいは仮面ライダーなどのコミカライズを中心に活躍されていた方々です。

 そんな風にあの頃は特にその出版社とか雑誌のイメージを決定する漫画家というのが必ずいたものです。
DSCN0931.jpg

 さて、その流れで言うと学研の科学・学習とかジュニアチャンピオンコースと関連付けて私が連想する方々というと、内山やすじや山口太一などの学習マンガ系と並んで出てくるのがムッシュー田中という方です。
 私が調べた所では80年代以降は主に怪奇マンガ中心に描いておられたようですが、70年代前半頃までは科学・学習やジュニアチャンピオンコースなどで必ずと言って良いほど氏の劇画にお目に掛かりました。
DSCN9351.jpg

 このブログでこれまでに取り上げた「もしもの世界」「あの犯人を追え」「大異変!地球SOS」等にも描いています。

DSCN4910.jpg

 氏はこれらのシリーズで劇画チックなページが必要なときには必ずと言っていいほど登場されていました。
 雑誌としてはやや中性的な印象のある科学・学習の中でここだけは無闇に男臭い絵柄(女の子が殆ど出てこない事も多い)でしたから印象も強烈です。
 時にはこういうグロテスクな画やアシッドな演出も出てきますが、後に怪奇マンガに進んだという下地はこの頃からあった訳です。

 画的にはあの当時ですら微妙に少年マンガのトレンドから外れている感じですが、そこが却って印象を強める働きをしている気もします。

 この絵柄をみて懐かしさを感じる方は間違いなく70年代の科学・学習世代と言えるでしょう。
 作者の名前を思い出せなくともこの絵を見ると「ああ、あの頃はよく学習を読んでいたっけ」とか思い出すのではないでしょうか。

 因みに弟が科学を読んでいた頃はえびはら武志、小松崎茂(!)などに世代交代していましたから科学・学習世代とは言ってもこうした印象の違いで年代がわかりますね。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント