残り少ない2014年に思うこと

 早いもので2014年も残り3時間を切りました。
 そんな中のひまを拾って今年最後のブログを締めようかと思います。
DSCN6171.jpg

 2014年は鉄道模型のジャンルで「ジャンクの玉手箱」を拾えた事に伴う一大増備攻勢がありました。
 そのあおりをもろに食らった(笑)のがミニカーとかAVとかの他のジャンルの趣味だったと思います。
DSCN5316.jpg

 TLVは昨年の半分位、ノーマルのトミカは1台か2台くらいしか買っていません。
 AVに至っては今年使った大半が「BDの生ディスク」だったという位でしたから。

 その鉄道模型の方もそれまでメインだったレイアウト工作が殆ど進まず大半が中古やジャンクの車両モデルの入線とレストアに費やされたと言っていいと思います。

 そんな中にあって今年を象徴するのは「温故知新」の一言だった気がします。
 鉄道模型の方はヒストリックモデルの入線と言う形でそれが象徴されますが「ホビーのごった煮」に関しては別な形で象徴されます。
DSCN4895.jpg
DSCN0436.jpg

 それは「ジュニアチャンピオンコース」ネタと「昭和ヒーロー列伝」ネタでした。
 どちらも手持ちの書籍やテープをつかって当時の思い出を振り返り、その時代を考察するという性質のものでした。
 単に「昔は良かった」というだけでなくそこから「明日につなげられる何かを発掘できれば」とも思ったのですがいざやって見るといまだ単なる懐旧談のレベルを抜けていません。

 幸か不幸かこの題材だけはまだ少し残っていますので今後も取り上げる積りですが懐かしいというだけでなく当時の元気さを今の糧として捉える内容にしたいとも思います。

 ともあれ今年は稚拙な内容ながら当ブログを見て頂きありがとうございました。
 来年もよろしくお願いします。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント