懐かしの「まんが入門」(笑)

 今回は小学館の入門百科から、ある意味トラウマ本かもしれませんしある意味読者の覚悟を問われる一冊とも言えます。
DSCN6311.jpg

 赤塚不二夫著「まんが入門」

 これらの入門書は後にカッパブックスで手塚治虫の「マンガの書き方」割と最近では武熊健太郎の「猿でもわかるマンガ教室」等があり以前大百科シリーズの話でも取り上げた藤子不二雄監修の「マンガの書き方大百科」などかなりの種類が出ています。
 それらの中でも本書は昭和46年頃の出ですのでそれらの中でも最も早い一冊ではないかと思います。
(同時期にあさのりじの「マンガ教室」も上梓されています)

 私がこれを買ったのもそれ位の時期ですが買って1年位で紛失してしまい今回中野の某古本屋で偶然見つけて買い直した物です。

 あの当時は私も小学生でしたが当時「もーれつア太郎」「天才バカボン」で人気の赤塚不二夫著と言う事でもうすこし気楽な内容を想像していました。
 所がページを開くと気楽などころかなかなか厳しい内容が多かったりします。

 出来の悪い作例に対しても容赦なし。
DSCN6313.jpg

 前述の手塚治虫の入門書ですら道具の種類についてかなりのページを割いて読者を脅かしておいて最後に「でも最も簡単で大切な道具は紙とえんぴつ」と言う落ちを付ける配慮を忘れていないのに。
 本書は後続の本のどれよりもプロ志向が強い一冊で投稿の持ち込み方や出版社の傾向の見分け方にまで言及していてその道を目指す人には相当に役立つ一冊となっているのは確かです。
 本書で発奮してプロ漫画家になった人もかなりいそうな気がしますが、一方でこの本で脅かされて漫画家を断念した子供もかなり多かったのではないかと(笑)
 冒頭で書いた「読者に覚悟を~」と言うのはこの点を指します。
 ある意味マンガ家資質のリトマス試験紙みたいな本だったとも言えるかもしれません。
 
 あと時代柄か同時期の他の作家の代表作やカットをかなり豊富に取り入れておりその意味でも参考になる内容になっています。
DSCN6312.jpg


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント