カラーブックスの思い出「テーブルマナー」

 このところ鉄道ネタが続いてきたカラーブックスのはなし。

 久しぶりに鉄道以外の題材で行きたいと思います。
 今回紹介するのは「テーブルマナー」
DSCN6579.jpg

 60年代後半頃のリリースと思いますが、この時期は高度経済成長期に伴う食生活の欧米化と海外旅行の普及に伴い「洋食のごちそう」に触れる機会が増えたのに対応した内容となっています。
DSCN6582.jpg

 私の両親がこれを買ったのも、冠婚葬祭などのおよばれで見苦しくない食べ方を実践したかったという意図があった気もします。
DSCN6583.jpg

 実際、今でも結婚式などではナイフとフォークが何本も並ぶようなコース料理にまみえる事も時にありますからその意味では私にとっては今でも実用書としてそれなりに役に立ってはいます。
 実際先日の結婚式の折にも久しぶりに読み返しました(笑)

 ですが今本書を読み返して感じるのはマナーそのものよりも本書で取り上げられているごちそうの数々でしょうか。

 ローストチキン丸ごととか、とかあの当時の日本人全般がイメージするごちそうの最大公約数的な写真が並んでいるのを見ると何だか見ているだけでおなかがいっぱいになる様な錯覚すら感じたりします。
 事実あの頃はこういう食生活が私個人にとっても憧れでしたし健康食と言う概念も今ほどではありませんでしたから。

 もうひとつ今でも心惹かれるのが「機内食」です。
DSCN6581.jpg

 機内食の食べ方なんてので一章割かれている本も今は殆ど見ない気もしますが、小さなトレイにコース料理を縮小した様な並びが再現されているのを見ると今でも心がときめいたりします(笑)
 実際の国際線エコノミークラスの機内食はIATAに従った種類や量が規定されていてある意味「豪華な学校給食」みたいな代物なのですがそのシステマティックな所には駅弁とは違う魅力が感じられます。

 まあ、今では格安航空もいっぱいありますし、「空弁」なんてのまで出ていますからこういうのもあまりないのでしょうが。

 その意味ではあの頃の御馳走のイメージを知る意味でも面白い一冊ではないかと思います。
 
 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント