トミカに見るそいなみ車シリーズ・トヨタイプサム

 今回はトミカに見るそいなみ車シリーズから。
DSCN0174.jpg

 亡父も乗っていた「トヨタイプサム」を改めて取り上げます。
 1996年頃、前年に出たホンダオデッセイの大ヒットで世間に一大ミニバンムーブメントが起こった時、真っ先に反応を示したのがトヨタでした。

 オデッセイ登場当時3列シートでFFセダンベースのミニバンと言えばそれ以前から出ていた日産プレーリーと三菱シャリオがありますが何分オデッセイより設計が古かった上に微妙に煮詰めが甘かった事もあってぱっとしませんでした。
 トヨタはボディサイズこそ同じ5ナンバーサイズだったもののオデッセイをお手本にユーティリティやデザインを煮詰め、小さいながらも遜色のないミニバンの投入を翌年のモーターショーで発表しました。
 それがイプサムだった訳です。
DSCN0176.jpg

 5ナンバーサイズで3列シートに対応したユーティリティを確保するために背を高くしたボディはオデッセイの様なのびやかさに欠け、当時のトレンドだった「背の低い4ドアHT」の流行にも逆行した物でした。
 にも拘らずタウンエースやエスティマほど大袈裟でなく、ワゴンよりも便利そうに見えた事から登場と同時にオデッセイを凌ぐ大ヒットを飛ばしました。

 実際のカーライフでは3列のシートをフルに使う機会などはあまり無いですから3列目などはシルビアのリアシート並みの狭さで長時間の使用には辛かった筈ですが普段畳んでおけばそこそこワゴンに近い使い勝手が得られましたし、起こした状態でも「ラゲッジのパーテーション」にはなったのでユーザーはそれほど気にしなかった気もします。
 エンジンはコロナやカリーナと同レベルの2リッター4気筒。速くは無くても不満はないレベルです。
DSCN0175.jpg

 とにかくイプサムの大ヒットを境に世間から2リッタークラスのバブルセダンは急速に姿を消し背高ワゴンの群れが街を埋め尽くして現在に至ります。
 CFもオデッセイが高級ポストセダンを標榜した様な販売戦略に対して「イプー」なるゆるキャラを前面に出しファミリーユースの親しみやすさを前に出した事で済み分けに成功したのもヒットの要因でしょう。

 これほどの大ヒットを飛ばしたイプサムですが2代目で3ナンバーワイドボディを纏ってしまった事が分岐点になった気がします。
 欧州輸出も考慮したサイズアップでかなりセダンライクに洗練されたのは良かったのですが日本で使うには中途半端になってしまった事で販売が一気に失速。

 あれほど街で見かけたのに消えるのも早かったと思います。

 但し、この頃になるとホンダのストリーム、三菱のディオン、マツダのプレマシーなどサイズ的にバッティングしたライバルも多数出ていましたからそれほど困らなかったのも事実でしょう。
 中にはどこから見ても初代イプサムにしか見えない「日産プレーリーリバティ」なんて代物まで出ましたし。イプサムを長さだけ10センチストレッチした兄弟車のガイアは隠れたヒット車となり現在のアイシスに引き継がれます。
 実質的なイプサムの後継者はストリームのデッドコピーみたいなウィッシュと言えますが、最近はこのクルマもぱっとしませんね。

 さて肝心のトミカですが実車の登場とほぼ同時にリリースされ、そのタイミングの良さはオデッセイよりも印象的でした。
 トミカ自体メインが中国生産になってから造形がぱっとしない物が続いておりオデッセイなどはもろにその悪影響を被った口なのですがイプサムの辺りになると造形センスもようやく向上し、不満は感じないレベルにはなっています。
 とはいえクルマ自体の華があまりに少ないせいか持っていてもあまり嬉しくないトミカのひとつなのですが。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント