カラーブックスの思い出「地図のみかた」

 思い出のカラーブックスから
DSCN6885.jpg

 今回も鉄道ネタを離れて「地図のみかた」から。

 実はうちの子供は社会の授業で地理を勉強中です。
 殊に最近は地図の見方をやっているところで分からない所を尋ねられるというのもしばしばです。

 うろおぼえの知識を振りかざしながら教えている(汗)うちにふと思い出して書棚からとr出したのが久しぶりに目にする「地図のみかた」でした。
 おかげでどうにかこうにか親としての威厳(爆)だけは取り繕う事ができましたが勉強が済んだ後に久しぶりにゆっくりと読み返してみました。

 本書も最初は「地形図を通して未知の土地や既知の土地を頭の中で散策する」様な目的で購入したものです。
 ですが読み進めているうちに別な興味を感じてしまう辺りがレイアウト脳みたいになったボンクラのおっさんらしい所以だったりします。
DSCN6886.jpg

 思えば日本列島の地形は非常に変化に富んでいてその一点を切り取るだけでも面白い風景を構成できるというメリットがあります。

 本書の本領は「地図の見かたを通して自然地形の面白さを浮かび上がらせるところ」にあると思います。
 「いま地形図の中の任意のある一点に立ったと仮定して、そこから周囲に広がる景色を想像できるようになれば、地図が読めるようになった何よりの証拠である」と言う一節。
DSCN6887.jpg


 これなどは自然地形のモデル化を旨とするレイアウト作りの中で参考になる・・・どころか「地形主体のシーナリィ付きレイアウト」を志向させる楽しみにもつながる部分ではないでしょうか。
 そういう点で本書は中々面白い本と言えますし、意外な参考書とも言えます。
DSCN6888.jpg



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント