カラーブックスの思い出「路面電車」

 思い出のカラーブックスから。
 今回は「路面電車」を取り上げます。
DSCN6326.jpg

 私が鉄道模型の趣味を再開して最初に作ったレイアウトも併用軌道を持つ路面電車も走れるものでした。
 街並みとの組み合わせで魅力を発揮できる路面電車という乗り物は当時から私には魅力的に映った物です。
 とはいえ、本書の出た70年代中盤頃は路面電車の鉄道模型と言う物は殆ど無く、ましてやNゲージで路面電車と言うのは夢のまた夢のそのまた夢の先と言う感じで、本書を買った当時もまさか自分が路面電車のレイアウトを造るなどは思いもよらなかったものです。
DSCN6327.jpg

 でも当時本書を読みながら「こういうレイアウトがいつか作れるなら…」と言う思いがあったのも確かです。

 あの当時は路面電車はモータリゼーションの波の中で青息吐息の状態で掲載されている路線の半分以上が今は廃止されてしまいました。
 ですから本書の中での路面電車の扱いは蒸気機関車と同様に「失われゆく者へのノスタルジー」というスタンスで描かれています。
 実際、本書に掲載されている写真を見ると登場する車両に最新型と言う物は殆ど無く、戦後すぐ位に増備された車両が老兵よろしくやっとこさ活躍していると言ったノリの物が殆どです。 
DSCN6328.jpg

 ですがそれから30年以上を経過して見ると、この波を生き延びた都市のいくつかでは新車の投入やサービスの改善などで新しい段階に突入した所が多いのは幸いと言うべきでしょう。
 それを端的に感じるのが鉄道模型の世界で、複数のメーカーから最新型の路面電車のモデルがリリースされるのみならず、併用軌道を中心にした走行システムの模型化も進み路面電車のレイアウトを造る事自体がかなりイージーになってきている感があります。

 これとて実車の世界で路面電車が復活の機運を高めてきている事と無縁ではないでしょう。
DSCN6329.jpg

 その意味では今本書を読み返すと路面電車を取り巻く状況の変化と、それに伴う路面電車への視点の変化を感じさせられます。
 もし今路面電車の本がカラーブックスから出たらこれとは相当に異なる中身の本になるのは確実でしょう。

 今回のはなしはかなりとりとめのない内容になってしまいました。すみません(汗)


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

路面電車

 私も持っていますよ!
昭和50年4月に買いました(当時、小6?)
手元のブックスは50年に重版された物ですが
阪神国道線や仙台市電が廃止となる文が無い
事から殆ど発行当初と内容が変わらないまま
出ています。
私も、この本で一気に都電を始め路面電車の
世界へ突入しました(笑)
しかし現代の21世紀で、かつて都電、市電が
走っていた通りを見ると本当に、この道に?
と言った感覚になります。
要は街が変貌して当時の風景とは一変して
いるかなんですが。
時々、鉄道誌、TVニュースを観ると経費削減?
でレールを完全に撤去するのではなく、そのまま
アスファルトを流して埋めた為、1435mm、1372
mm幅の亀裂が生じレールが埋まっている特集
もあります。
あと意外なのは架線柱かな。
何気に電柱や街灯に流用されて生き残っています。
前後しましたがQブログに戻ります。
只今、ウルトラQ絶賛放映中(笑)

>星川航空整備部さん

>かつて都電、市電が 走っていた通りを見ると本当に、この道に~

 実は私の現住地もそうした街のひとつでして地名の一部から路面電車があったと伺われる程度の変わり様です。
 道の筋は同じでも道路自体の拡幅が半端ないので当時の建物自体が殆ど残っていないのです。

 それでもさすがに郊外線は廃線跡らしい趣が残っているので時々車でたどってみる事があります。