思いでのジュニアチャンピオンコースから・「あなたは名探偵」

 思い出のジュニアチャンピオンコースネタから

 これまでにも「名探偵登場」「名探偵トリック作戦」とかの推理クイズネタを取り上げましたが、今回はその中の最初の一冊
 「あなたは名探偵」を取り上げたいと思います。
DSCN6874.jpg

 余談ですがこの本の出た前後の時期に川崎敬三主演で同名の推理クイズのドラマが放映されていました。まあ、偶然だと思いますが。

 本書はジュニアチャンピオンコースの中でもごく初期の一冊ですが、そのせいか後のシリーズに見られるようなマニアックさやアシッドさは希薄です。
 むしろ「学習漫画シリーズの延長」の様な独特の「お行儀のよさ」が目立ちます。
DSCN6875.jpg
DSCN6876.jpg

 殺人や盗難を題材にしたクイズももちろんあるのですが本書の半分以上はパズル系の推理クイズで占められていてミステリ系のクイズを期待するこまっしゃくれたガキにとっては肩透かしを食わされます。
(実はわたしもその一人でした)

 しかしそれでも当時はこういう題材の入門書が少なかったのでしょう、当時の友達の家に行けばかなりの確率でこの本が並んでいるのを見たものです。
 (そしてこれまたかなりの確率で「名探偵登場」や「名探偵トリック作戦」のどちらかが並んでいるW)
 60年代のポプラ社「少年探偵シリーズ」と80年代の「金田一少年の事件簿」をはじめとするミステリ系マンガとの間にあって世代の橋渡し的な役割を担っていたのがこの一連の入門書だった気がします。

 著者は旧「宝石」世代の探偵作家で後にこの種の入門書を続々とものにされる藤原宰太郎氏。ですので推理クイズ自体には手抜きの無い本格的な物が出されています。

 と、まあ堅苦しい概論を書くのはこれ位にして、
 最近読み返してみて思わず爆笑できる部分もあったのでここからはそういうネタで。

 「絵とき凶器探し・ミスターXを倒せ」
 「ミスターX」って「タイガーマスク」に出てくる虎の穴の幹部の事か?なんで思いながら読み始めると

 まず主人公が自己紹介を始めます。
 「おれは産業スパイのブラックジャックだ」
 ・・・思わず絶句(笑)

 しかもその「ブラックジャック」さんのルックスたるや
DSCN6878.jpg

 こんなんです(驚)

 まあ、この本が出たのがお医者さんのブラックジャック氏の登場する2年以上前なので偶然には違いないのですが今読むと…ねえ。
DSC_0660.jpg

 「トリッククイズ・怪盗アンパンをつかまえろ」

 まあ、怪盗ルパンにひっかけたのは分かるのですが読んでいて何回「アンパンマン」と読み間違えたかw
 
 


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント