劇用車に見るアクションドラマ「あいつがトラブル」

 久しぶりのカースタントと劇用車から見るアクションドラマの思い出話。

 今回は「あいつがトラブル」(H元年・キティフィルム フジテレビ)です。

 古い思い出ですが当時私が読んでいた故郷のタウン誌のコラムでライターが当時大流行だったドラクエのゲーム(笑)に一日中はまっていた話が載っていましたが、土曜夜8時の「あいつがトラブル」の放映時間だけはドラクエを中断していたという記事がありました。
 「つまり、『あいつがトラブル』だけはドラクエよりも面白かったんだよね」と書かれていたのが印象的ですが実は私も同じ意見です(ドラクエもやった事ないのに笑)
 (余談ですが同じ局で本作の直前の7時半枠ではアニメ版の「ドラゴンクエスト」が放映されていましたw)

 本作はかの「ひょうきん族」の実質的な後番組ですが、「あぶない刑事」の影響もあって少しはじけた設定のドラマ作りがされていました。
 「あぶない刑事」のヒットに伴い姉妹篇の「あきれた刑事」をはじめ「ベイシティ刑事」などの亜流が何本か作られましたが本作も一見そのノリを模倣しているかのように見せて全く異なる魅力を発揮した点で印象に残るドラマでした。

 横浜の港町所に新設されたはみ出し刑事の集団「失踪人課」を舞台に太陽にほえろ!のマカロニが殉職せずにそのまんま齢を重ねた様なという設定の萩原健一、スケバン刑事2の鉄仮面とは180異なるコメディエンヌとしての刑事役に挑んだ南野陽子をはじめ、踊る大捜査線の7年前に拳銃をバンバン撃ちまくる刑事の役で(!)織田裕二が参加。
 この種の架空の捜査班は「大追跡」の「遊撃捜査班」、ゴリラの捜査第8班など荒事専門の設定が多いのですが、本作の「失踪人課」は文字通り「尋ね人専門の捜査課」でコメディ&ホームドラマにでも使えそうな設定でありながら人探しをきっかけに大事件に巻き込まれるシチュエーションが作りやすい意味でかなり秀逸な設定でした。
 その他これが初の本格レギュラーになる宍戸開、うじきつよし、橋爪功、伊武雅刀、藤タカシ、小池雄介などかなりの曲者揃いの配役で楽しませてくれます。
 

 アクションドラマの雰囲気作りの中で劇用車の持つキャラクター性は意外に大きな物があると感じますが本作は特にそれを顕著に感じます。
DSCN7147.jpg

 失踪人課のメンバーの覆面パトカーですが南野陽子扮する美咲令子が真っ赤なフィアットウノ(!)織田裕二扮する城野 剛 -が本人いわく「36年ローンで買った」という銀色のZ32フェアレディ(つまり私物という事になるのですがその割に回転灯をつけての登場も多かった)でした。写真のミニカーは赤ですが実車は銀です。
 更にINPUL仕様(だったかな?)のU11ブルーバード(放映時は既にU12が出ていたのですが、当時旧型のU11に日産がエアロパーツをつけた特別仕様の中古車を売り出していた事があったのでその流れでの登場ではないかと思われます)

 特筆すべきは失踪人課の「代表」、萩原健一扮する沖田の愛車として使われていたのが「黒塗りのY30セドリックのバン」だった事です。
 はみ出し集団ゆえにどうでもいい車があてがわれたと言う設定もあったのかもしれませんが、観ている側としては同時に当時セダンの黒パトが当たり前だったのに、あえてワゴンを選んだ辺りに他の番組との差別化の意図を強く感じます。
 実際、劇中でいちばん大活躍しているのがこのY30だったと記憶していますし、レギュラーの劇用車の中で唯一EDにも登場しています。

 車両協力が日産だったせいか犯人の車はトヨタ車が多かったのですがスタントに登場する破壊車は殆どが日産車だったのも本作の特徴的なところでした。
 この辺り「あぶない刑事」と「西部警察」の折衷的なイメージも感じます。
DSCN7144.jpg

 記憶しているだけでも第1話で430の4ドアHTの覆面パトカーが派手なロールオーバーを披露しているのを筆頭にC31ローレルやR30スカイラインのパトカーなどが登場、最終回で初代FFサニーがやはりロールオーバーしています。
 (その間にこっそりコロナが衝突したりするのですが)

 パトカーは大半がR30スカイラインでした。当時既に旧式でしたが、他の新型車が出なかったので破壊車、非破壊車の区別があいまいで観ていて油断がなりません(笑)
 事実、14話で1台が銃撃を受けて破壊されています。
 (同様の感覚は「大追跡」でも感じます)
 作中ではトータルで3.4台のR30パトカーが登場していたと記憶しています。

 さてこのコーナーでは各作品に登場していた劇用車をトミカで再現というのが基本ポリシーなのですが本作に限って言えばY30のワゴンもU11のインパルも、何よりフィアットウノが手持ちにありません(そもそもトミカサイズでこんなのが出ているかも不明汗)
 そこでとりあえず手持ちの車種で適合する奴を並べるという消化不良の内容になってしまいました。
DSCN7148.jpg

 本作のEDは久保田敏伸のMOVING TERGET。
 個人的に大好きな曲でこれが聴きたさにアルバムを買い込んだのも今ではいい思い出です。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あいつがトラブル

あいつがトラブルの劇用車のミニカーについて 質問します。日産ブルーバードセダン1.6SEサルーン(ホワイト)、日産ブルーバードセダン1.8XEサルーンF(シルバーM)、日産ブルーバードセダン1.8XEサルーン(ホワイト)の3車種で、トミカリミテッドヴィンテージの1 64スケールのミニカーを商品化して下さい、宜しくお願いします。

Re: あいつがトラブル

>加藤寛教さん

 トミカで出ていたU11系のブルーバードはバンだったのでセダンタイプは欲しい所ですね。
 通常のトミカではU12系はHTが、TLVではセダンがでているのでどうかしてU11も出してくれない物かとは思います。