EF13戦時型・おかわり

 今回は中古モデルの入線車から
DSCN7602.jpg

 ワールド工芸のEF13戦時型です。
 これの同形は昨年マイクロの物を入線させているのですが、そちらは初期も初期のタイプで「デッキなし、電車用のPS13パンタを搭載」というタイプでした。
 ですが今回のワールドはデッキ付なので仕様が異なる凸型EF13が2両揃った訳です。
DSCN7604_20150618184151541.jpg
 さてその戦時型EF13ですが前述の様に昨年秋にマイクロのデッキなし、PS13パンタの「超戦時型」が入線しています。
 このふたつも比べて見ると面白そうだと思ったのですが。

 並べて見たら思いのほかメーカーの造形の違いがありません。
 両方ともマイクロ、あるいは両方ともワールドで通用しかねない位です。

DSCN7659_20150618184148071.jpg
 むしろプロトタイプのデッキの有無、ライトの位置等の差異の方が目立ちますしその辺りのキャラクター性が比較できる分「模型としては」まっとうとは言えます。

 それを別にしてもワールドの仕様はマイクロに比べてやや腰高な印象で恐らくこれは動力ユニットの違いによる物でしょう。
 とはいえ同じ凸型でもフロントにデッキがあると結構印象が違って見えるのはひとつの発見ではあります。
 造形ですが、マイクロと比較して見ると意外に外見上の印象の差がありません。
 どこまでも角ばった凸型電気というのは意外と素材の違いが出にくい物かもしれません。

 更にEF13は同じワールドの戦後型も入線していますから3者3様が楽しめます。
 こちらは旧EF58の車体を乗せた普通の電機なのですが足回りが戦時設計のままなので本来ならかなり違って見えるはずです。
DSCN7663.jpg
 
 事実台車枠周りは戦時型と同じ物が使われていましたから個性が少ないと言われる戦後型EF13の中では良いアクセントにはなっています。
 (と言うかこれがないととっさにEF15と見分けがつかない)

 動力はワールドオリジナルのユニット成形されたタイプで運転する分には問題は殆どありません。
 しかも驚いた事にこのふたつ、走行フィールまでもがそっくりなのです。

 ワールドの動力がアセンブル式のユニットパーツになので一定の走行性能は確保されているのは確かでしょうが、これでは「マイクロの方がライトが点灯します」位の違いしか感じません(笑)

 Nといえども(あるいはそれゆえに)安定した走行性が確保されているのは最低条件と思いますからワールドの方向性は正しいと思います。




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
  
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント