ポケット百科の「自動車」

 今回はポケット百科から。
DSCN7929.jpg

 前回の「電車」の姉妹篇の「自動車」を取り上げます。

 こちらの方は何と言ってもかの「スーパーカーブーム」の真っ最中の時期の本なので当然の様に表紙もスーパーカーです(笑)
 流石に「電車」と違って自動車そのものを総花的に取り上げる内容でカラーブックスの「自動車」とは異なり「はたらく自動車」や「歴史的名車」にもページが割かれています。
 その意味では「電車」ほどはマニアックではないように見えるのですが、やっぱりそこは「カラーブックスの保育社」(またか)

 乗用車のページは最初はアメリカはじめ各国のクルマが網羅され、然る後に日本車のコーナーに移るのですが。
 よく見ると「同じ車種が違うページに何度も出てくる」のです。
DSCN7930.jpg

 数えてみたらカローラがスプリンターも入れて5回!ランサーが3回、マークⅡもチェイサーを入れて3回、プレジデントまで2回登場するのです。
 実はこれは乱丁でもなんでもなく「掲載される車が排気量ごとに紹介されているため」です。
 ですからカローラやランサーみたいに「一つの車種でいくつも排気量の異なるエンジンが設定されていると本書では登場頻度が上がる」という物凄い事になる訳です。
 
 FR時代のランサーEXなんかは下は1200、上は2000CCのインタークーラーターボエンジンまで都合5本のエンジンが設定されていた時期がありますからもし本書の続編でも出ていたら「どこを開いてもランサーが出てくる」のは必至だったでしょう(笑)
 ですがこれは車の分類法としてはなかなか面白い着眼点ではあります。
 何しろ本書を読むまでプレジデントにエンジンが二本あったなんて知りませんでしたから(笑)
DSCN7931.jpg

 そのくせ21世紀の現在では国産車の屋台骨の重要なひとつである「3列シートのワンボックス(今で言うミニバン)」が一つも登場していない辺りに物凄く時代の変化を感じさせられます。
 (ショーモデルのマセラッティ・メディチや旧ソ連のサポロジェッツとかヤマハのモトクロスバイクまで載せている本なのにw)


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スーパーカーがやって来る(笑)

今年も5月7日(土)に
「カウンタックフェスタ2016いわて」と題して
えさし藤原の郷の駐車場で開催されるそうですよ

私は行かないけど~(笑)

Re: スーパーカーがやって来る(笑)

>IYH進行中 さん

「カウンタックフェスタ」というネーミングがまたすごいですね(笑)

 そう言えばランボルギーニの創立は昭和38年(!)
 同い年ですね。