TLV西部警察「バスジャック」から330グロリアパトカー

TLVの西部警察から
 遂に待望の330の白パトの登場です。
DSCN8202_20150815222931114.jpg

 パートⅠの「バスジャック」と言う話に登場して爆弾搭載のバスにぶつかるパトカーを再現したものだそうです。
 ですが「特定話数のモデルの再現」と言う本シリーズのポリシーが今回は裏目に出た感じがします。
DSCN8203_20150815222930880.jpg
DSCN8204.jpg

 それは散光式回転灯の位置。
 実はこの330はスタント用破壊車と言う事からか回転灯の取り付け位置がぞんざいと言いますか普通のパトカーに比べてかなり前にずれた位置に取り付けられています。
 それがこのミニカーでも忠実に再現(笑)されてしまっているので、他のパトカーと組み合わせると違和感が物凄い事になっています。

 個人的には「なにもそこまでしなくても」と思うのですが、逆にそうでないと気が済まない層もいるのでしょうから何とも言えない所ではあります。
 それを別にすれば通常品のTLV同様、この330も良く出来たモデルと思います。
DSCN8205.jpg

 西部警察では前半部を中心に430と同じ位に330のパトカーが活躍していました。
 但しその殆どは「大都会パートⅢ」からのキャリーオーバーと思われる後期形330で、前期型は主に破壊車としての登場が多かったです。
 出来れば次回辺りに後期形330のパトカーもリリースを熱望します。


 余談ですが「一定速度以下になると爆発するクルマをめぐるサスペンス」としては本作はかの「スピード」の10年以上先んじていると解説にありましたが、同じ趣向は実は更に本作の6年前に「電撃!ストラダ5」で映像化されていたりします。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント