17年ぶりの田舎に…

 今回も帰省に絡んだネタです。
DSCN7971_20150822200900c49.jpg

 祖父が他界して以来17年位ぶり位に母方の実家を訪ねた時のはなしを。
 (先日「幽霊を見た!」と言う本の紹介をしたときの舞台として触れた田舎です)

 何分17年ぶりですから、家の周囲もすっかり変わっているのではないかと思っていたのですが実際に行ってみると意外と変わっていない事に少しほっとしました。

 実家の周囲は農道も舗装されていない砂利道のまま。
 何しろナビで目的地を設定しようとしても住所検索ができない上に家の前の道が地図登録されていないというほどの田舎です。
 そんな具合ですから出かけるときには少なからず往生しました。
DSCN7983.jpg

 学生時代までお盆時に出かけると晴れた夜には見事な天の川が見られるという(要するに周囲一帯に灯りと言う物が少ない)環境でしたが恐らくそれは今でも変わっていない物ともいます。
 家のすぐそばにある斜面にへばり付いた様な墓地も相変わらずですが、私の子供の頃に新築されたはずの東屋がすっかり朽ちた感じになっていたのに時の流れを感じました。
DSCN8004_20150822200856f0d.jpg

 隣接してあったはずの小学校は廃校となり、かつての校庭はうっそうとした草に覆われこれも流れを感じます。
DSCN7998.jpg
 
 ですがそれ以外はまるで変わらない風景に時間が止まった様な錯覚すら覚えました。
 子供の頃の帰省でここに泊まった折には盆には花火やら昆虫採集やら、暮れには餅つきで随分時間を潰せた事を思い出します。

DSCN8013.jpg

 さて、帰りがけに家の裏を通ったら近くに高速道路が通っていて驚きました。
 変わっていない様に見えてもやはり17年の流れは長かったようです。
 とはいえそこは田舎の事、車の数はかなり少なそうですし、夜は明かりもない様です。
 ICでもないと道路の周辺はあまり変わらないのでしょう。

 j変わるところ、変わらないところ、色々と懐かしくかつ考えさせられることも多い帰省ではありました。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント