TLV「西部警察」の装甲車”LADY BIRD”登場!

 今日、仕事から帰宅してみると予約してあったTLVのLADY BIRDが届いていました。
DSCN8534_20150912215255f7a.jpg

 やっと来ましたと言うか遂に来たと言いますか
 (何しろ値段が値段です。今回は定価が辛かったので通販頼みで対応しました)
DSCN8535_201509122152537a3.jpg

 今回の装甲車は殆どレジン製のソリッドモデルみたいなもので砲塔の旋回、砲の上下ができる他は殆どギミックがありません。
 車輪ですら後輪しか回らないほどです。

 純粋なディスプレイモデルのせいかTLVでは異例の「飾り台パッケージ込み」でのリリースとなっているのも特徴的です。

 折角モデル化してくれるならせめて車体の折れ曲がり位は再現出来ればと思うのですが。
 いずれにしろこの点をどう評価するかでこのモデルの値打ちは変わると思います。
DSCN8538.jpg

 一方でモデル自体の再現性は流石に良好です。
 プロポーションも良いですし「ショベルローダーベースの改造装甲車」という空前絶後のコンセプトの迫力がよく伝わる造形と言えます(笑)
 試作写真では気になった手すりの太さも実際手に取ってみると案外気にならなかったのは収穫でした。
DSCN8539.jpg

 さて、このモデルにはおまけ(?)として230セドリックのパトカー&セダンの計3台が付いてきていますがそれについては後で書きたいと思います。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

西部警察懐かしいですね、今はもうドラマは見てませんが当時はあぶない刑事と合わせて好きでした。この2本が好きだったのは、刑事ドラマらしくない刑事ドラマだからです。

>光になれさん

 80年代の刑事物は他との差別化の為か設定や画面が特撮ヒーローもの的なものが多かったですね。

 西部警察の対抗馬でもマッドポリスやらドーベルマン刑事、ザ・ハングマンと百花繚乱状態でした。

 その意味では個人的にこれらは刑事物と言うより「アクションドラマ」の括りで捉えています。

 やや時代は古いですが「ザ・ゴリラ7」なんかはかなりヒーロー物臭いですね。