あの頃の「鉄道入門書」のはなし

 懐かしのジュニアチャンピオンコースのはなし・・・
 と言いますか、今回から暫くは小学館の入門百科等のライバルシリーズの本を中心にする事になります。

 と言うのも、70年代のジュニアチャンピオンコースが不得手としていた「鉄道ネタ」が続くからです(笑)
DSCN2962_2015100321460633c.jpg

 SLブームの前後からこの手の自動入門書は一斉に鉄道、SLネタの本をいくつか出していたのですがジュニアチャンピオンコースは末期の一時期を除いて鉄道ネタ(と言うかメカ物全般)に手を出しませんでした。
 この「マスコミとメカに手を出さなかった」点は他のシリーズと異なるジュニアチャンピオンコースの独自性でもあった訳です。

 ですがこの時期鉄道模型の趣味に手を出し始めた前後の時期にとっつきやすい入門書が欲しかった私としては当然他のシリーズの中から鉄道本を漁る形となりました。

 この時期(70年代初めから半ば頃・昭和40年代後半)の児童書における鉄道ネタの入門書を今改めて俯瞰して見た印象は「玉石混交」
 しっかりしたライターの書いた物は文章的にもしっかりした構成で題材や写真の選択にも意を尽くした物がありました。
 その一方で明らかなブーム便乗型の書籍の中には「適当な写真を羅列して当時の流行語を適当にくっつけた適当なキャンプションをつけて終わり」と言うレベルの物も多かったのも確かです。
DSCN2965_20151003214609a26.jpg

 鉄道ネタの入門書が全盛だったと思うのはSLブームの前後の時期だったと思います。
 80年代のブルトレブームの頃にはケイブンシャの大百科系の豆本がこの手の入門書の中心となりました。
DSCN2963_201510032146084ef.jpg
 
 そんな訳で次回から思いでのジュニアチャンピオンコースのシリーズは暫く鉄道ネタで引っ張る事になりますがよろしくお願いします。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

懐かしいですね

「もっともくわしい」は私も持っておりました。
家のどっかを探せば出てくるのではないかと思われます。
ジュニア入門は読んだ覚えはありますが、持ってはいませんでしたね。私の家には、ケイブンシャとコロタン文庫の鉄道関係が何冊かあったはずです。

>へいたんさん

 遅ればせながらコメントありがとうございます。

「もっともくわしい~」はこれから取り上げる中では「入門書」と言うより「書籍」としてかなり良く出来た内容でしたね。
>ケイブンシャとコロタン文庫の鉄道関係~
 さほど鉄道ファンという訳ではなかったはずの私の弟が「大百科シリーズ」の鉄道本を何冊か持っていました。
 当時は私自身は読まなかったのですが最近読み返してみると想像以上にない様が充実していて驚かされました。
 機会があればそちらも取り上げてみたいと思います。