あの頃の鉄道入門書から・「機関車入門」

 先日紹介しました児童向け鉄道入門書のはなしから
DSC_1071.jpg

 まずは小学館の入門百科シリーズの「機関車入門」から

 本書の煽りには「鉄道100年を走り続けた機関車の魅力を豊富な写真と絵で解説!SLファンにも大評判!!」とあります。
 ここからもわかるように本書は「鉄道100年」の時期に当たる昭和47年の初版、SLブームど真ん中の登場です。
 それでもこの版形の児童書としては最も登場が早かった方と記憶しています。

 著者は古谷 善亮氏。
 最近の鉄道ファンにはなじみのない名前と思いますが、当時の交通博物館の館長だった方です。
DSC_1074.jpg

 そのせいでしょうか当時、大人向けでもよくあったSLブームの便乗本とは一線を画した、機関車図鑑であると同時に鉄道趣味の入門書として今読み返してもよく出来た入門書だったと言えます。
 どのあたりがそうかというと、SL一辺倒・機関車のキャラクター化に偏りがちな類似本の中にあって電気機関車やディーゼル機関車にも十分なページを割いている点。
 機関車にまつわる歴史や海外の機関車の説明にも意を用いている点などのそれを感じます。

 それを支えているひとつの要素が「非常に平易な文章で簡潔かつ十分な情報量の文章」です。
 下手なライターに掛かると単なる「データの羅列の長いだけの文」になったり必要以上に「主観が入りすぎて単なるファンブックに堕してしまう」所を「誰が読んでも読みやすい内容と文章(それでいて基本となる情報が頭に入りやすい)になっている」所は今読み返して凄いと思うポイントでした。
 戦後生まれ以降の鉄道ライターでこれだけの文章が書ける人がどれだけいるか疑問にすら感じるほどです。
DSC_1072.jpg

 これだけなら単なる機関車図鑑になる所ですが本書の特徴はもうひとつあります。
 それは巻末にある「鉄道趣味を楽しもう」のコーナー
DSC_1073.jpg

 写真の撮影、切符のコレクション、そして鉄道模型にもそれなりにページが割かれています。
 実は意外な話なのですがSLブーム当時の子供向けの入門書で鉄道模型に言及しているのは私の知る限りこの1冊しかありません。
 それらについても具体例を挙げて平易な文章にまとめている辺り、実に侮れない一冊です。

 このジャンルについては今後も何冊か紹介するつもりですがトータルの面で本書を超えるものは少ない気がします。
 というか今後紹介する本にしてもどうしても本書との比較で語られる分、分が悪いとすら言えるかもしれないのでその辺りはご勘弁を。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント