マッチボックスのマーキュリーパトカー

DSCN8844_2015102420500746b.jpg

 私の現住地の中古ショップ(リサイクルショップとも言う)はトミカサイズのミニカーの品揃えが良くない所です。
 品揃えの薄いのはまだいいのですが、秋葉原相場とも言うべきヴィンテージ物の高さも物凄く、黒箱時代のトミカに至っては塗装がはげちょろけ、小疵がバンバン付いていても平気で2千3千当たり前の世界。

 同じ田舎でも私の故郷の方がまだいいコンディションの物がほぼ同額で買えるのを思うと割高感が拭えません。
 なので現住地でトミカやマッチボックスの中古を入手した事は殆どありません。

 流石にその値付けでは売れなかった様で最近店舗改装をしたそのうちの一軒でマッチボックスの中古が処分価格で売られていたので個人的に目ぼしいものを2台ほど購入する事ができました。
DSCN8843_20151024205009c91.jpg

 その中の1台
 マーキュリーセダンのパトカー。

 元は白塗りにステッカーが貼られていたものと思いますが見ての通りコンディションはボロボロです。
 私がこれのどこに惹かれたかと言うと見るからに「60年代終わり頃のアメ車のセダン」と言うそのプロポーションにあります。
 ウエストラインが高く、窓は小さい独特のボディはアメ車のあのサイズがあって初めて破綻なく実現できるものです。
(これと同じ事をサイズを縮小した車でやろうとすると80年代まで濫作された『カッコだけで居住性最悪の日本の4ドアHT』になる)

 塗装がはげちょろけだろうと窓が傷だらけでおまけに外れかかっていようとこれはやはり魅力的です。
 特に当時のセダンらしさを強調する「超ロングノーズのボンネット廻り」なんかは(笑)
 DSCN8845.jpg

 当時のマッチボックスの常で「ドライバーがモールドされている」のも楽しいですがこのマーキュリー、よく見ると助手席にも一人乗っています(笑)

 これで500円というのはまだ当時の価格の3倍ですがそれでも衝動買いさせるには十分でした。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント