「模型とラジオ」とNゲージ工作のはなし

1223323806.jpg

 今回も本にまつわる思い出話から。数年前にメインブログで書いた事の改訂版です。

 その昔、ガンプラファンの弟が毎号買っていた「模型とラジオ」のバックナンバーでした。休刊時こそガンプラ中心の雑誌だった記憶がありますが、かなり古くから鉄道模型の記事にも力を入れていた雑誌で別冊の「Nゲージ」は未だに私の宝物だったりします。
 とはいえ、ガンプラブームの頃の本誌は私も目を通す事が殆ど無かったのですが改めて読み直してみると驚かされました。
1223323828.jpg

 鉄道模型関連の記事が殆どNか16番なのは良いとして、Nの車輌自作記事が実に濃いのです。
 当時のTMS辺りでもNの車輌工作で動力車をモーターとギアから自作する作例には余りお目にかからなかったのですが、こちらではいきなり「天賞堂のモーターを使ってTOMIXの二軸無蓋車のシャシに動力を組み込む」等と言うやり方を解説しているのです。車種選択もキハニ5000、EC40、EF55(流線型)と実に渋い選択で車種によっては同じ車体をブラスとプラバンでそれぞれ制作方法を解説するという念の入れぶりです。
1223323849.jpg
1223323868.jpg

 トレーラーとはいえ、ばら売りの車輪に連動式のロッドを組み込む工作等と言うのもあって、明らかに当時のガンプラ少年とは違った読者を相手にしているとしか思えません。これほど高度(に見えます)な車輌工作を実際に実行できた小中学生がどれだけいたのか知りたい感じもします。

 余談ですがレイアウト関連記事では昭和50年頃にNゲージのレイアウト製作講座があったのですが線路を一通り敷いた段階で2年以上休載していた記憶があります。
 その間にTOMIXのシステムレールが出現したりGMの建物キットも登場したりと一気にNを取り巻く環境が変わってしまい、やっと連載が再開されたころにはとても残念な状態になっていた事が思い出されます。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント