あの頃の「ホンダプレリュード」

 先日入手した絶版名車コレクションから
DSCN9328.jpg

 以前にも触れた事のあるホンダプレリュードの2代目AB1型です。
 元々プレリュードはソアラに先んじてパーソナルクーペの市場に切り込んだ車種だったのですが初代はサイズが小ぶりだったの日本車初の電動サンルーフ以外のうりに乏しかったためにぱっとしないままでソアラの独走を許す事になりました。
DSCN9329.jpg

 82年に登場の二代目はサイズは5ナンバーだったもののソアラのやや下という独自のポジションをとった事が功を奏しあっという間にソアラを凌ぐ人気車となりました。
 外見上はフロントにダブルウィッシュボーンサスを採用した事による低いボンネットとリトラクタブルライトの組み合わせがかなり斬新。
 しかも他の車種と違ってフロントグリルを思わせるガーニッシュを配する事で「フロントののっぺらぼう化」を避けた事が見た目の好印象に繋がったアイデア賞物のデザインが特徴です。

(事実、ガーニッシュを廃した3代目は見た目ののっぺらぼう感が強調されてしまい売り上げが低迷しました)
DSCN9331.jpg

 これまでプレリュードのトミカは3代目からで一番人気のあった二代目のモデルをなかなか見なかった上に絶版名車のプレリュードが中々出物のない状態だったのでようやく今になって買えた次第です。
 ボディカラーは青で当時最も見かけた赤でないのが残念ですがそれでも80年代初頭のハイソカーブームの一翼を担ったプレリュードの入手は嬉しいです。
 造形面では上述の特徴的なフロントの造形にやや雑な所もあるのですがサイズを考えれば許容範囲です。
DSCN9333.jpg



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント