そう言えばコペンも試乗したんだった(汗)

 この間S660に試乗して感動した話をしましたが今回はその姉妹編です。
 実は昨年暮れに大掃除で物置を整理していた折に「ダイハツコペンのカタログ」が登場したからで(笑)
DSCN9511.jpg

 「そういえば現行コペンも試乗したんだった」と思いだしました。
 軽のスペシャリティカー、それもS660が出るまで唯一の存在だった筈なのになぜ忘れていたのか。

 現行コペンに試乗したのは確か一昨年の秋ごろ。
 たまたま自家用車の12カ月点検に出かけていた折でした。

 試乗したのは当時唯一のボディスタイルだった「Robe」の仕様。
 後に「XPLAY」「」の2タイプのボディが追加されユーザーによっては「車体の着せ替えが可能」と言う売りを持つに至ります。

 当時の乏しい記憶をひっくり返してみたのですが、S660程に鮮烈な印象がどうにも出て来ません(汗)
 とにかく普通の軽ターボ車、着座位置はミラよりやや低い程度で加速感も走行性も試乗コースの範囲内では特に引っ掛かるところがなかったのです。

 試乗車がCVT仕様だった事も大きいのでしょうが何から何まで軽カー離れした作られ方をしているS660に比べると分が悪い感じもあります。

 ですが、ではコペンが悪いかと言うとそんな事もありません。
 このクルマを試乗して一番印象的だったのは内外装のスペシャリティ度の高さでした。
 S660の手動の幌に対してコペンの屋根はベンツCLK並みの全自動バリオルーフ。
 全開時の解放感は軽くS660を上回りますし、インテリアの加飾もこの上ないキンピカ趣味なのに妙に憎めないのです。

 個人的に感じたのですがS660が「ミニNSX」なのに対しコペンのそれは「軽のソアラ」に近い立ち位置ではないかと思います。
 そういえば後にレクサスSCとなった最終形のソアラも「実質」2シーターのバリオルーフ車でした。
DSCN9510.jpg

 今の日本車で個人が手軽に楽しめるスペシャリティ車と言うのは本当に少なくなりました。
 目を三角にして飛ばしまくるスポーツカーか超がつく位の高価格クーペのどちらかしかないと言う印象すらあります。
 (普通車ではマツダロードスター位が例外でしょうか)

 乗って見て普通のクルマに無い楽しさを肩に力を入れずに感じさせる点でコペンの存在は貴重です。
DSCN9509.jpg

 余談
 今回出てきたコペンのカタログ、専用のケースに入ったかなりのボリュームのものです。

 クルマの紹介の本カタログですらS660の倍近い厚さ!

 本カタログにオプションカタログを入れた分量はS660の倍から3倍くらいあります(!)
 それだけにオプションパーツの充実度が凄い。
 ビルシュタインのダンパーにBBSのホイール、ダイヤトーンのスピーカーから「専用の皮手袋」まで載っています。
 まるでカタログショッピングの気分でたっぷりと楽しめました。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カタログ

 最近はリーレットばりの物や少し物足りないカタログも目立ちますが数年前までは立派な?カタログも多くコレクションの対象としても味がありました(笑)
しかしオープンカーに乗って来る光山市交通局さんとなると少し近寄りがたい・・・いえいえ冗談です(笑)
そう言えば旧車イベントの即席出店で良く目にするミニチュアのシガレットケース~出来が良いんですよね!
私も何点か持っており今は亡き祖父から頂いた物もあり、お宝ものです。
シガレットケースと言えば前にも書いたかもしれませんが1955年に販売された初代クラウンのシガレットケースはプラスチック製で恐らく
ポリエチレンで加工された物と思いますが日本のプラスチックミニカー第一号と言った位置付けと聞いています。
クラウンもさる事ながら実際に購入した人の方が凄いと言うか超富裕層?だっのかと(笑)
プラスチックと言うと何かの特撮本で50年代特撮では小道具を始めとするアイテムでプラスチックが先進的に使われていたと書いてあった気がします。
例えば地球への2万マイルでイマーの卵を入れた透明カプセルや宇宙水爆戦のインタロシュター(TV送信機)組立シーンで出て来る透明プラスチック部品とか当時の観客を驚かせる先進素材としてはインパクトがあったと感じられます。

No title

>星川航空整備部さん

 ミニカー型シガレットケース・・・昔はよく目にしましたね。
 物がものだけに昔は会社の灰皿とかの隣に鎮座している事が多かったですが、子供心に「なぜ灰皿の隣にブロンズのミニカーが!?」とか不思議に思ったものです(大概は屋根が外れてタバコが出て来る構造)

 プラスチックは昔は「合成樹脂」とか書いてそれっぽい未来感を演出(笑)していた事もありましたね。
 インタロシュターの組み立てシーンを最初に見たのは70年初め頃のテレビ放映だったのですが、あれを観ていても「お惣菜のパックとは違う凄いプラスチックなんだ」とか勝手に納得していた気も。東宝特撮でも地球防衛軍とか宇宙大戦争辺りにその辺のノリは残っていた気がします。
 あのミステリアンの服装だって当時は未来感と驚異の対象だったのかもしれないですし(80年代にはある雑誌で「宇宙の群馬県民」とまで書かれましたが)

 その意味では登場当初からプラの車体で出てきたNゲージモデルなどは50年前ならそれなりに先進感があったのかもしれません。
 (ある時期からはプラアレルギーなんて言葉も出てきましたが)