「電車なんでも入門」

DSCN8986.jpg

 今回は「電車なんでも入門」から

 この本は以前紹介した「機関車入門」の姉妹編とも言える内容で当時の日本の電車を俯瞰して見せるものです。
 著者も「機関車~」と同じ古谷善亮氏なので読みやすい文章という長所もそのままです。
DSCN8987.jpg

 機関車と比べてジャンルとしての電車の特徴は私鉄の比率の高さです。
 関東や関西を中心に大手の私鉄がひしめく日本では各私鉄ごとに特徴あふれる電車が存在しそれらの個性が機関車以上に際立っているのが特徴と言えます。
 本書でも国鉄の電車は形式ごとに頁を割いて解説されていますが各私鉄に関しても全形式とはいかないまでも各社の特徴を中心に要領よくまとめられています。
DSCN8989.jpg

 実は小学生の頃本書を初めて読んだ時に一番魅力を感じたのがこれら私鉄の章でした。

 何しろ故郷では私鉄電車どころか「3扉以上の近郊・通勤電車」と言う物が絶無に等しい環境でしたし。
 しかも本書に掲載されている私鉄は大都市圏の大手ばかりですから「私鉄電車=都会の象徴」と映りました。
 巻頭のグラビアを覗けば本書の主要部分は白黒ページなのですが私鉄の章に来るとモノクロの写真なのに各私鉄の電車のカラーリングが色鮮やかに脳内に再現されとても楽しめた記憶があります。
DSCN8988_20160130205149358.jpg

 実際には3扉の電車は関東以西では田舎でも普通に見掛けますし、大概の県に地方私鉄なんて物が存在しますから必ずしも通勤電車=都会と言う訳でもないのですが。
 ですが、それを認識したのはずっと後の事です。
 本書でもページ数の関係から地方私鉄や旧国にはほとんど触れられていませんでしたから、余計上述の印象が強められていたと思います。
 (とはいえ、この傾向は当時の鉄道本全般の傾向だったので別に本書だけの責任と言う訳ではありません)

 それとこれは今になって言える事なのですが「機関車~」で取り上げられていた趣味のコーナーが殆ど無かったのは惜しい点です。
 写真ひとつとっても単体の車両の魅力が主の機関車と編成美がメインの電車とでは撮り方も違ってくるはずですし、模型でも同様に電車ならではの楽しみ方が載っていれば楽しめたのにとか思います。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント