お団子2題

 今回は久しぶりの食べ物ネタです。

 先日来無性にお団子が食べたくなり(笑)近場でいくつか買ってきました。
 実はこれが意外な計算違いを生むのですが。

DSC_1456.jpg
 近場のスーパーで売られていたみたらし団子。
 見た目は普通のだんごなのに妙に高価だと思ったのですが食べてみたらだんごの中に餡が入っていて驚きました。
 なるほど、それで高かったのかと納得したのですが個人的にはこういうのは反則です。

 なぜって「あんころ餅にみたらしをかけたら甘さだけ二倍になってしまいます」
 個人的にはだんごにそこまでの濃厚さは期待しないので買い直し。
DSC_1457.jpg
 たまたま屋台が出ていた長野のだんご屋さんのだんごを買いました。
 写真では分かりませんが普通にスーパーで売られているだんごの1・5倍くらいの大きさです。
 もちろんお値段も普通のだんごの1・5倍のお値段だったりします。

 一口食べて
「これだ!こういうのを食べたかった!」
 それくらい正攻法のだんごです。
 そこまではよかったのですが、そう思ったのは最初の二口くらいまで。

 だんごそのものが驚くほど濃厚で食べれば食べるほど腹に響くのです。
 しかも見ての通りだんごは4本。
 感覚的にはだんご一本おにぎり一個分くらいは優にありそうな満腹感をもたらしました。

 ふと思ったのですが、よく時代劇なんかで「茶店でだんごを食べる旅人」の場面と言うのがよく出てきます。
 その場面を見ていてスーパーなんかの小さいだんごを勝手に想像していたのですが、実際はこれ位のボリュームのある食べ物だったのではないかと思えてきました。

 一日がかりで長い距離を歩く旅人が口休めとはいえ、あの程度のだんごで満足するはずがありません。
 そう言えばその屋台のだんご屋さんも何やら由緒ありそうな感じでしたから昔からこういうボリュームのだんごを普通に出していたのではないかと。

 そんな事を考えましたが、実はこれらを食べたのは「夕食前のお茶うけのひと時」だったりします。
 こんなのをこれだけ食べて晩御飯が入る訳がありません。
 全く計算違いのおやつではありました。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント