カラーブックスから「楽しい軽便鉄道」

 久しぶりにカラーブックスネタです。
DSCN5448.jpg

 とはいえ、今回のは先日買った奴なのですが。
 No833「楽しい軽便鉄道」
 このタイトル自体、カラーブックスの鉄道物としては異色です。
 「楽しい」とか「素敵な」とかいった形容詞の付いたタイトルはカラーブックスに限らず大人のファンを対象としたあの頃の鉄道本ではなかなか見られません。
(但し多分に情緒的な側面の強かった昭和40年代のSLブーム、50年代のブルトレブームではあったかもしれませんが)

 カラーブックスではこの前にも「軽便鉄道」と言うのが出ていますが、本書はそれ以後、平成4年現在の軽便鉄道の現況がまず取り上げられています。
 ここで特徴的なのは前巻の時には殆ど取り上げられていなかった「遊園地や観光用の軽便鉄道」が増えている事でしょうか。
DSCN5449.jpg

 昔の様な如何にも玩具然としたキシャが走っていたころとは違い、最近のアミューズメントパークでは見てくれも作りも結構本格的な「鉄道」が敷かれている事が多いですがその萌芽がこの時点で既に表れていた事がわかります。
 また、これまた前巻の頃にはあまり想像しにくかった「保存目的の鉄道」が登場しているのも興味深いです。
DSCN5450.jpg

 後半は「思い出の軽便鉄道」と題して出版の時点で既に廃止された鉄道(鉱山鉄道を含む)の追憶で占められておりカラー写真も一部退色しているのが一種郷愁を感じさせます。

 ですが読んでいて一番面白かったのは「楽しい軽便鉄道」「軽便鉄道の面白さ」と題して書かれた軽便鉄道全体の魅力を語った章です。
 ただ、分量としてはコラムに毛の生えた程度の分量なので少し物足りない印象で、続きが読みたかった部分ではあります。

 全体に前巻のデータ主体のよりも素朴な意味で軽便鉄道の魅力を読者に伝えようと言う意図が感じられる構成で堅苦しさのごく少ない所に好感が持てる内容でした。
 それゆえのタイトルの「楽しい」なのかもしれません。

 この点、こちらはタイトルこそ素っ気なかったですが同じカラーブックスの「路面電車」(昭和47年頃)の読後感に通じるものがあります。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ブーム

 鉄道ブームと言えば時代的には1977年から始まり当初は20系を始めとする客車と機関車のヘッドマークを撮る又は鉄道ジャーナル誌
で御馴染だったミニチュアの愛称プレート収集から1980年の999号ブームで加熱した流れだったのかと感じています。
ところでカラーブックスに楽しい軽便鉄道と言うシリーズが出ていたとは知りませんでした(汗)
昭和47年に発行された路面電車は私も持って居ますが昭和50年の改訂版で同年に廃止となった阪神国道線と翌年全廃された仙台市電が
出ており特に仙台市電は、ここ当分は安泰と書いてありましたが実際は地下鉄建設と引き換えと言う定番現象でした。
逆に東京都電、横浜市電は本書が出た頃に全廃か大半が廃止された時期だったので結構写真が多く割かれていた内容で各写真から感じ
取れるのは道路の飽和状態と言った世界です。
軽便鉄道に話を戻すと1961年に廃止された九十九里鉄道の残骸が有名です。
京成の谷津遊園内にオープンさせる列車として再起を待って居た物の結局は15年以上も留置され谷津遊園も閉鎖となり現地で解体され
た不運な車両です。
今はイベント的または保存鉄道レベルが主流となった感のある軽便鉄道も昭和30年代から40年代後半に至るまでは全国で見られた鉄道
で正直模型感覚で造られた車両に乗って通勤や通学していた人達は、ある意味で貴重な体験と言った所でしょうか(笑)

No title

>星川航空整備部 さん

 実は本書の存在を私が知ったのも「古本屋で実物を手にしてから」です(笑)
 「軽便鉄道」はすでに出ているのですが、本の構成は明らかに異なっているので単なる続編よりも面白い存在ですね。

 花巻電鉄の馬面電車は私自身、子供の頃乗った事があると親から聞かされているのですが、肝心の私の記憶がおぼろげで折角の貴重な体験が(汗)
 ちなみに私の現住地ではある会社の玄関先に軽便の機関車が飾られてますし、某山中の道端に運材台車が展示されていたりします。