新しい積載車のはなし

 今回は消防団の積載車のはなしをば。
 我ながらマニアック過ぎるネタだと思います(汗)

 消防団で使われる車は大きく分けていわゆる「消防車」と「積載車」に分けられます。
 前者の方は車自体に本格的なポンプが装備され放水も2系統以上が使える物。
 物によっては車内に水槽を装備し近くに消火栓や水利が無くても短時間の放水が可能だったりします。
 要するに誰が見ても「あっ消防車だ!」と分かる車です。都市部の消防車ほど大型ではない事が多いですが田舎や山間部では消防署でも小型の奴が配備されているので案外見分けがつきません。
DSCN5261.jpg

 もうひとつの「積載車」ですがこちらはその名の通り普通のダブルキャブのトラックをベースに持ち運び可能な小型ポンプを搭載している物です。
 ポンプは車載状態でも動作できますが、大概の場合は近くの水利に近い所に持ち運ばれそこから給水、放水ホースに水を送ります。
 こちらは見るからに「トラック然とした外見」なのが特徴で田舎臭く見える向きもあるかもしれませんが、当然都市部でも使われています。

 但し狭い路地が多い下町などでは軽トラックベースの物も多く、割合に新型車が使われていたりします。
 それどころか場所によっては未だに「リアカーにポンプを搭載した」人力輸送の物もありますが狭い路地の多い所ではこちらの方が機動性が良かったりするのでバカに出来ません。

 前置きはさておき、うちの町の消防団に先日新車の積載車が配備されました。
DSCN5262.jpg
DSCN5260.jpg

 これまで使っていたのは20年近く前の型の日産アトラス。
 排気量が小さい上に車重がかなりある車なので走行性を語るレベルのクルマではありません。
 装備もエアコンなし、ラジオはAMのみ、窓の開閉は手動と言う有様でミッションも当然マニュアルです。
 そのくせマニュアルミッションは5速を奢っていたりするのですがこの車の車歴で5速に入れた事が果たしてあったのか非常に疑わしい気がします(笑)

 ですがこれの運転が意外と楽しかった。少なくとも私には苦痛ではありませんでした。
 プアなエンジンの回転数を引っ張りながらその都度よっこらしょとばかりにギアを入れるプロセスは素朴な意味で「エンジンとの対話」の出来る車でしたから。
 ですから正直この車と別れるのは少し感傷的になります。

 とはいえ、最近は消防団の適齢期の若いのが片っ端からAT免許しか取らなくなっており今のままでは免許がないからと言う理由で入団しない事態も考えられるようになってきましたから新車の必要性が耐用年数とは別の意味で重要になってきたわけです。
 (もちろんこのアトラスは十二分に耐用年数を満たしているのですが)
DSCN5267.jpg
DSCN5269.jpg

 今回入ってきたのは名称こそ同じアトラスですが実はいすゞエルフのOEM車。
 ですので本家エルフとはエンブレムしか違いません。
 但し積載車に必要な架装は別の専門のメーカーが行います。
 これに時間が掛かったのか、納車当日に乗っても「新車の匂いがしなかった」のは少し寂しかったです(笑)
DSCN5270.jpg

 ミッションは当然AT、エアコンもパワーウィンドーも(前だけ)付いていますしステレオもFMばかりかCDプレーヤーもついています(実はこれにも意味があってパトロール用の啓蒙文のCDを掛けるのだそうです)
 それどころか現代のクルマらしく「燃費計」が付いていたのに驚きました(笑)そのくせ最近の車では絶滅状態なはずの「灰皿」がしっかりあったのにも笑いましたが。
DSCN5268.jpg

 車体は荷台部を中心に前の奴より長くなっていますが幅の方が幾分ナロー化された為にバックの車庫入れが楽になった反面、横に3人掛けするのが難しくなりました。
 特に前席はATのシフトコンソールが場所を取るので実質二人でないときつい。
 つまり6人以上で乗ろうとすると「誰か余った団員が荷台の補助席でオープンエアモータリングを余儀なくされる」事になります(笑)
 とはいえ荷台部の補助席は横座りで2点式シートベルト装備、転落防止バーがついて環境面では改善されてはいます。
 ですが雨でも降れば地獄ですね。

 AT装備なだけに発進時のもっさり感はどうしても残ります。
 が、ATしか知らない向きにはそう不満はないレベルでしょう。ただ、感覚的に前よりも寝てしまったステアリングホイールはミニバンから乗り換えても違和感のある所ですが。
 むしろキャブオーバータイプで視点が高く、隅の見切りが良いので図体の割には運転は楽だと思います。

 意外だったのはサイレンや鐘の音が意外に大きく車内に侵入する点。
 前のクルマよりも遮音材かボディ鉄板自体が薄いのかもしれません。鐘を鳴らしている間は車内の会話もままならない感じです。
 まあ、ベースのエルフトラック自体が「サイレンを鳴らして走る様な用途を想定していない」のでしょうが。
 
 これから(壊れでもしなければ)わが町の消防団は十数年はこれにお付き合いする事になります。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント