サラウンドアンプとDSPのはなし

 今回は久しぶりにAVのはなしから

 先日エスクァイアのカーステレオをいじっていたらいきなり「スタジアム音場モード」に入ってそれまで聴いていた高校野球の中継が「サラウンド状態」を現出して驚きました。
 うちのクルマは特にカーAVを志向したような代物ではないと思っていましたからこれは結構な驚きであると同時に懐かしさに浸り込みました。
 ですが車の運転中にいきなりバーチャルなサラウンドを掛けられても方向感覚が狂うだけの様な気もしますが(笑)

 とはいえ車内に6個かそれ以上のスピーカーのある車の場合、下手なリスニングルームよりもAVには向いた環境かもしれません。
 HV車の場合信号待ちなどではエンジンが止まっている事も多いのでより効果は高い気もします。

 さて、本題はここからです。
DSCN6005.jpg

 以前ごく初歩のサラウンドとしてYAMAHAのプロセッサーとDENONのアンプを組み合わせて4チャンネルのサラウンドを実行した話をしました
 (ですがこのネタを書いたのは一昨年の暮でした。詳細は右記のリンクで思いでのオーディオ・ヴィジュアル・「ドルビーサラウンドとLDのはなし」
 最初のうちはカムコーダのステレオ音声をサラウンド化して自分流のバーチャルリアリティを志向したものですが、更に時代が下るとスピーカーは4本だけでは流行遅れとみなされるようになります。
 流行の中心だったドルビーサラウンドが左右の間にもう一本センタースピーカーを組み込んだ「5チャンネル再生・ドルビープロロジック」を始めたのです。
 従来のステレオでは邪道とされるやり方でしたが中央のスピーカーをボーカル、もしくは台詞の再生用に特化する事で音場の定位を明確にし、映画の再生効果を上げようと言う物でした。
 現在のホームシアターシステムではこちらの方が主流で、更に重低音用のスーパーウーハーを追加したものが「ホームシアター」の定番になっているのは皆さんもご存じの通りです。

 更にこれに追加してプロセッサーの方も再生音にエコーや反響音を加える事で「スタジアム」「アリーナ」「スタジオ」などの音場を表現するDSPシステムを組み込むようになります。
 要は同じCDでも気分に応じてコンサートホールにしたりライブコンサートにしたり、はたまた「学校の放送室の気分」にまでさせてくれるという、当時は夢のようなシステムだった訳です。

 前述のYAMAHAのシステムから8年くらい後のこと。
 LDプレーヤーを新調したのを機にアンプもプロロジック対応のDSPモデルに切り替えてしまいました。
DSCN5512.jpg

 物は当時オーディオブランドで頭角を現し始めていたケンウッド(とはいえ元々は「トリオ」なのですが)のKA-V8500。
 当時はこういうのを「AVアンプ」と呼び、サラウンドプロセッサーとDSPユニットを装備した5チャンネルアンプ。更に映像入出力も6系統装備してセレクターとしても使えると言う物でした。

 DSPで再現できる音場は「アリーナ」「オペラハウス」「ジャズクラブ」「スタジアム」「カテドラル(教会)」「試写室」「大劇場」「名画座(モノラル音声用)」の8モード。
 これに前述のドルビープロロジック(実はこれも4モードある)が加わりあらゆる音場に対応できる物でした。
 しかも個々のモードで「視聴位置」「(想定される)壁の堅さ」「残響時間」「部屋の広さ」を任意に設定できるというのですから「音だけバーチャルリアリティ」の世界。
 カタログや説明書を見ている限りはとても酔っ払えた訳です。

 ですがこれを購入してしばらく使ってみて思ったのは
 これらのギミックの大半は「意外と使わない」と言う事実でした。
 映画ソフトにドルビー対応の信号が入っている場合は別としてそれ以外のDSPの大半は「パラメータを設定するだけでも面倒くさい」代物でしたし、最初の2,3分は聞いていても結局通常の音に戻してしまう事が大半だったのです。
 とはいえ「プロジェクターを使った大画面システムと組み合わせる場合」にだけはその威力が最大に発揮されていました。
 同じ大画面でも映画と違って「カムコーダで撮った旅先の映像」を大画面+サラウンドで再生するとそれこそ物凄い臨場感が得られました。
 
 90年代当時はこういうのが一種のステイタスだったのも確かですし、現在市販されている「ホームシアターシステム」と称するものの大半はこのAVアンプと同等の機能を持ってはいます。

 それが今じゃ「クルマの純正ステレオにまで付いてくる」様な時代になりましたからすごい話ではあります。
 そのカーステレオについても少し書きたいことがありますので次の機会に。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント