カラーブックスから「日本の私鉄・京王帝都」

 カラーブックスネタから
 今回は「日本の私鉄・京王帝都」をば。
DSCN5666.jpg

 私個人にとって一番馴染みのある私鉄と言うと京王(本書の発行当時は京王帝都)です。
 (以下、東京メトロ、都営地下鉄、東武、西武の順w)
 学生時代世田谷に実習先があった関係でよく使っていましたし、今でも上京の折に一番使うのが京王線です。

 模型趣味の面で言うなら軌道線からスタートしている京王線はゲージが1372ミリ。
 単純にモデルに対する線路幅の点で言うなら「大手私鉄で京王だけはNも16番もほぼスケール通りのゲージが再現できる」というメリットがあります。
 にも拘らず、うちのラインナップで一番薄いのがこの京王だったりするから分らない物です。

 営団にしろ都営地下鉄にしろ又新幹線にしろ「自分自身がお世話になっている鉄道ほどモデルを買わない、作らない」というのは我ながら不思議な気もします。

 そんな京王ですが殊カラーブックスの日本の私鉄について言うなら私の手持ちのラインナップの中で「書き手の趣味性が全開」という点で特異な位置を占めます。
 日本の私鉄シリーズで「ファンの作った模型や切り絵の見開きページがある」なんてのにはこれまでお目に掛かった事がありません。
 しかも後半のモノクロページに至っては「京王一日乗りつぶしプラン」なんてのまであったりします。

 本書の描かれていた当時は京王と言うと5000系、8000系、井の頭線の3000系位しかラインナップがなく他社の様な「カッコイイ看板優等列車」も未だにないのですから不思議なものです。
 (今でも京王線では普通列車と見分けのつかない「特急」「準特急」が走っているし高尾山や多摩動物公園の様な観光施設を抱えているのに4扉の普通の電車ばかりなのでこれはこれで結構異様に感じたりするのですが)
DSCN8554_20160427212903625.jpg

 ですがそれだけにファンの思い入れの強さもかなり際立って感じられる一冊で個人的にはこれだけでも本書を選ぶ値打ちはあると思います。
 他社に比べてかなり特徴が薄い気もしますが5000系や8000系は今でも京王らしいシックさが感じられますし、5000系や3000系は引退後も地方私鉄で引く手あまたの大活躍を今でも続けている点、名車のひとつと思ってもいます。
 その「偉大なる凡庸」性に一方ならぬ魅力を感じるファンが多い事が本書を読み進めるとよくわかりますし一種の「布教用」にも役立ちそうな気もします。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

光山市交通局さん

 光山市交通局さんも京王ユーザーでしたか。
実は私も以外と馴染があり興味を持って居たのが京王線で特に近場に走っている井の頭線(笑)
今は両線ともに20m4扉オンリーになりましたがカラーブックスに紹介された1981年頃は釣り掛け駆動車あり初期のカルダン駆動車、
湘南型、運輸省規格型、昭和初期車の中間サハ等~電車変遷の展示会的な鉄道でした。
このカラーブックスが出た頃に2700系が、さよなら運転を行って私も撮りに行きましたが、これこそが私の鉄道写真原点となりました。
当日の事は今も覚えて居て11月にしては比較的暖かい日で当時の多摩線はのどかな所で某ピュロランドそして大型ショッピングセンター
が乱立するとは当時は考えられませんでした。
渋谷駅の狭い場所から発着する井の頭線は相変わらずで20m1000系に統一されても1800、1900、初代1000系が居た当時と変わらない
レイアウトです。
京王と言うと5000系を思い浮かべる人が多いのですが私の場合は井の頭線に1800系です、あの古い顔に2灯シルードビーム・・・場違い
な更新と言ったアンバランスさが良いのです(笑)
まあ小さい頃からの京王線の印象は大きなヘッドライトを付けた電車だな~言う感じでしたから。
今はE231又は233をベースに私鉄各社は新車を出していますが、さながら63型が各私鉄に変革をもたらした現象が形を変えて起きて
いるとも受け取れます。
西武30000、東武50000のAトレイン工法(アルミプレス)も造作の簡易さは正に63工法です。
所で鉄道とは関係ない?特撮系の事で最近、気になって居た謎が40数年ぶりに解決しました。
ヒントは?動く仏像がウルトラマンのように活躍する絵物語で共通する話題の記事の時に詳しく紹介します。
多分、光山市交通局さんも吹き出して大笑いするかと。

Re: 光山市交通局さん

>星川航空整備部さん

 井の頭線は京王線に比べると利用頻度は少ないのですが個人的には好きな路線のひとつです。元々二つの私鉄の統合で生まれただけにふたつの路線のノリが異なる辺りは京王帝都らしさを感じさせるところでそこも魅力ですね。

 大映の「宇宙人東京に現る」の冒頭で井の頭線の高井戸(だそうですが)に1900が滑り込むシーンがあるのですがあの頃の私鉄駅とその周辺の雰囲気がなかなか好ましくて今でもそこだけ観返すことがありますね。

>動く仏像がウルトラマンのように活躍する絵物語~
 ひょっとして「大仏廻國」の事でしょうか?あれは一度観てみたいと思っている作品のひとつなのですが・・・