「見えると雨になる」山々のはなし

 今日は午前中を中心に雨が降りしきりました。

 時折晴れたり蒸し暑くなったりも繰り返しましたから身体に悪き事夥しい気候ではあります。
 さて、私の現住地には「見えると雨が降る」あるいは「雨の時にしか見えない山」というのがいくつかあるそうです。

 現住地の周囲は山々に囲まれているので普段は背後の山々の稜線に隠れて見えない(あるいは形が分からない)山というのが結構あります。
 ですが雨雲が接近してきたりするなどして背後の山々が隠れてしまうとそれらの山の稜線が真っ白い雲を背景にぼんやりと浮かんでくるという仕掛けです。
DSCN5877.jpg

 今日などはそういう山々を目にするには絶好の機会とも言えます。
 何しろじめじめした気候ですからこういう楽しみでもないとやって入れれません(笑)
DSCN5878.jpg

 そんな訳で午前中にうっすら浮かんだ山ですが午後から夕方にかけて空が晴れて来ると背後の山々が見えて来るのに合わせてそれらの山も再び背景に溶け込んでしまいました。
DSCN5880.jpg

 見ようによっては結構勇壮な眺めなはずですが、雨のたびにこういうのを見慣れてしまうと少し感動が薄い気もします。
 あまり感性が鈍くなるのも困り物ですね(汗)


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント