カラーブックスから「日本の私鉄・小田急」

 前回の京王帝都に続いてカラーブックスネタです。
DSCN5667_201605281856250bd.jpg

 今回は「日本の私鉄・小田急」
 前回の京王とは正反対に同じ新宿を基点としているにも拘らず、小田急はその華やかさで話題に事欠かない私鉄です。
 (そういえば隣同士なのにデパートまでもが京王百貨店よりも小田急百貨店の方が幾分華やかに見えるのは気のせいでしょうか)

 戦後すぐに観光用の優等列車を走らせ、名車SE、NSEから現在のMSEに至る系譜を連ねています。
 その一方で普通の通勤車でも他社よりも華やかさを感じさせるラインナップでファンを惹きつける辺りも流石と思います。
 要するにあらゆる意味で国鉄とは違うノリの「私鉄らしい私鉄」というのが私の中の小田急のイメージだったりします。
SNShouo71IMG_6068_2016052818591353e.jpg

 わたし的に・・・ですが小田急の電車は自分では殆ど乗らないにも拘らずモデルだけは増えてゆくという点で不思議な私鉄です。
 確かにSEやSSEとかは今でも好きですし、アイボリーに青線の入った通勤車にも魅力を感じてはいます。
 ですが最近はそれ以上に「新宿駅の小田急ショップ」で色々と買い込んでいる事が大きい様で(大汗)
 ここで買った限定版鉄コレの多くは本書でもヒストリックカーとして取り上げられているものばかりです。

 本書ではそうした小田急の列車群を俯瞰で取り上げる性格のものですが人気車が多いだけに一冊にまとめるのはさぞや大変だったろうと思います。
 京王の数倍の数の車両群を京王と同じ厚さの本に納めるのですからひとつひとつのボリュームではどうしても概要だけになりがちと言えます。
 ですがそれでも最初から通しで目を通すと小田急の華やかさと歴史の厚み(単純な年数ばかりではなく列車のアップデートの頻繁さも含めて)を感じさせるには十分でしょう。

 前半のロマンスカーの系譜は昭和20年代~56年頃までの特急車のアップデートの歴史としても非常に興味深い物がありました。
 後半では歴史に埋もれてしまったディーゼルカーや地味ながら根強いファンの居る荷物電車や電気機関車にもページが割かれていてこれがまた楽しめます。
SNShouo71IMG_6063.jpg

 本書に限らずこれらの「日本の私鉄シリーズ」は発行年度の関係で今の車両や編成を俯瞰するという訳にはいかないのですが、昭和の私鉄の元気だった時代を振り返るには今でも好個のシリーズと言えます。
 最近は古本屋で出会う確率も増えて来ましたし。
 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント