思いでの昭和ヒーローから「宇宙刑事シャリバン」

 私流の昭和ヒーロー列伝から

 前回ギャバンを取り上げた以上はシャリバンも取り上げたくなるのは人情という物です(笑)
DSCN9921.jpg

 ウルトラマンも仮面ライダーもそうですが人気作がシリーズ化される場合、第二弾のインパクトがどれくらいあるかがその後も継続されるかどうかの試金石となるケースが多いと思います。
 ここであまり前作のイメージに引きずられてしまうと第二弾まででストップしてしまう事が多いですから作る側も油断ができない所でしょう。
 (中にはライオン丸みたいに逆にぶっ飛び過ぎて失敗するケースもあるにはありますが)

 ウルトラセブンやV3、デンジマンは正にそこを踏み外さなかった事が後のシリーズ化を可能にしているとも言える気がします。

 その点、シャリバンはデザイン、コンセプトでギャバンのバージョンアップ感が極めて高い上にギャバンの完全な続編としての連続性も備えているだけにその点では完璧な第二弾と言えたと思います。
 何しろヒーローの初お目見えが「前作の最終回」というのはグレートマジンガー並みに効果満点な登場でしたし。

 デザインもギャバンよりもアグレッシブな上にヒーローらしさ満点の赤いコンバットスーツ、配役もギャバンよりも若手を揃えてフレッシュ感を出しながらコム長官やギャバン自身も継続して出演・客演させる事でスケールアップも図られています。
 それゆえに敵の方も「宇宙刑事がふたりがかりでも足りないくらいの強大さ」を感じさせる設定がなされ闘いと並行して主人公の故郷の星の再興を横糸に絡ませるという展開まで用意されました。

 正直言ってシャリバンでここまで盛り上がってしまったら後番組は大変ではないかという余計な心配をさせるほどの完成度だった訳です。
 これが円谷プロやピープロの作品だったらハードさや心理描写の比率を高くしてしまい話を重くしてしまいそうな気もしますが、そこは時代劇やアクション物で鳴らした東映の事、見せ場の演出の爽快感が高いので話の重さが上手く相殺されているので安心して観ていられる処もありそうです。
 (シャリバンクラッシュの画面はあらゆるヒーロー物の中で断トツのカッコよさで未だに他の追随を許していません)

 ここまで本作が盛り上がったのはやはりギャバンの成功で勢いを付けた当時のスタッフの気迫がストレートに伝わったからではないかと思います。

 ある意味番組自体がお祭り騒ぎの様な盛りだくさんさでしたから。

 などと評論家のまねごとはこれくらいにして。

 これを観ていた当時の私は意識的にミーハーに徹していた記憶があります。
 当時のロボットアニメなんかを中心に「リアル志向=理屈っぽさ優先」みたいな風潮が蔓延していた中、ある程度ストーリー性を追いながら爽快なヒーロー物として成立していたこの頃の特撮物の存在はそれ自体が一服の清涼剤でした。
 (同時期のマシンマンなんかは番組自体が正に上述の風潮へのアンチテーゼみたいな存在でしたし)


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

シャリバンは3部作の中ではもっとも派手で人気が高いシリーズですが、その反面シャリバンが他の二人と違いパートナーと恋人にならなかった事、もう一つは戦闘シーンのマンネリさだけは弁護しようがないですね。渡さんはスピルバンでようやくダイアナという恋人見つけて、実生活でも初代セーラージュピターの中の人の篠原恵美さんと結婚されたのは良かったです。ダイアナと違いリリイは印象薄いのとドルやバビロスとの戦闘シーンと比べてグランドバースが売れないのは分かります。ドルは巨大な竜になるバビロスは巨大な銃になるでインパクトが強くワンパターンにならなかったんですが。グランドバースとグランナスカの印象の薄さは。

Re: No title

> 光りになれさん

 グランドバース、当時の漫画で「宇宙弁当屋シャリベン」というネタで笑かしてもらったのを思い出しました。見事なまでの「駅弁売り体形」です。
 ですが当時はよくここまで思い切ったデザインのSFメカができたもんだとそれなりに感動したものです。これが受け入れられれば日本の夜明けは近いんじゃないかと(爆笑)

 グランドバースとくれば次はバビロスですがこれについても「書く事がいっぱいあるので」次回辺りのネタにしたいと思っています。