オンボロトミカのはなし・いすゞエルフハイルーフ

 今回はミニカーネタから。

 割合初期の頃からトミカとの付き合いは続いていますが、買い集めた中には「はて、これはどういう使い方をするクルマだろう」とふしぎに思う物もあったりします。
 また、そういうモデルに限って妙に造形が良かったりするので油断がならないのですが。
DSCN6276_20160623210727289.jpg

 今回紹介するのは「いすゞエルフハイルーフ」と称する「不思議なクルマ」から。
 当時のトミカのカタログで製品予告写真を見た時から「これ、どういうクルマなんだ?」と疑問符が付いていた一台です。

 そもそも「ハイルーフ」って何?
 当時親に聞いても友人に聞いても要領を得た答えはなかった記憶があります。
 暫くして実車がリリースされた時もその不思議さに惹かれて180円(当時)をはたきました。

 これが見ての通りトラックなんだかバンなんだかよくわからない。
 バスやキャンピングカーにしては後の荷台が謎ですし、結局当時はお手上げ状態でした。
DSCN6277_20160623210726fe6.jpg

 写真のモデルは正に当時のそのまんまですが両サイドのスライドドアは外され荷室のステッカー(これも当時は意味不明でした)は剥がされ、全くのポンコツ状態です。
 ですが造形自体は当時のトミカの中でもかなり良い方でモールドはそこそこシャープですしシャシも適度にリフトアップされているので素立ちの状態でもなかなかに様になります。

 ですがやはり異形感が漂うのは今も変わらない印象です。
DSCN6278.jpg

 今なら「宅配業者用のウォークスルーバンみたいなもの」と見当はつけられますが当時はこういう形のクルマ自体実車を全く見ませんでした。
 今回のブログを書くにあたって気になったので調べて見たのですが、やはりウォークスルー仕様のクルマで何と今から48年も前にデビューしたという実に先進的なバンだった事になります。

 それを当時の子供だった私は個々までボロボロにしてしまった訳ですから何と言いますか(大汗)


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント