トラムウェイの16番モデル・C12から


DSCN6338_20160706204006ea4.jpg
 先日近所の中古ショップへ出かけた折、そこの16番の出物が異様なほど増えているのを見つけて驚きました。
 未組み立のピノチオのキットなんて現住地ではまずお目に掛かれない代物です。
 カツミやエンドウのもでるはもとより、最近では定番のKATO・TOMIXの16番モデルもいくつか出ておりました。
DSCN6337_20160706204008dba.jpg

 その時に私の目に付いたのはトラムウェイのC12。
 機関車系のモデルが少なかったので余計目に付いたものです。
 その時はそのまま見流していたのですが値段も手頃だったので少し気になっていました。

 今日になって出直してみたらまだ残っていたので(その他諸般の事情もあるのですが)遂に財布を開いてしまいました。
 奥ではこれより安い落札額もあるのですが、秋葉辺りの中古ショップでは中々付かない値付けでしたし。
DSCN6335.jpg

 最近のモデルだけにボディ周りの細密感は非常に高い物がある一方でナンバープレートのない(それどころか取り付けガイドすらなし)煙室扉は少し違和感があります。
 動力のギアの処理は見た目に少し安っぽさも感じますが、実際に試走させた範囲では最近の16番の水準内と思います。

 ただ、唯一文句の付けどころなのがキャブの内部(笑)
 バックプレート真後ろの床上にでんと何かの回路が鎮座しているのが結構目立ちます。
 説明書によると一応「ライトのオンオフスイッチ」らしいですがボディの細密感が非常に高く、キャブ内もちゃんと向こうに抜けている(昔のNはキャブ内にモーターが詰まっているのが普通だったので尚更アドバンスです)だけに回路の無造作感とのギャップが凄いです。
DSCN6344_20160706204230f35.jpg

 入線させたC12を先日同じ店で買ったガーダー橋の上を走らせ、あおりで覗きながらハイボールをちびちび飲る。
 この間書いた「飲みながら鉄道模型」の実践です(笑)
 模型とは言え、機関車はローアングルで見るのが一番様になります。
 しかもNよりスローの効く16番やHOの走りはこういう用途にぴったりです。
DSCN6343_20160706204004b08.jpg

 なるほど、これは酔えます。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

トラムウエイのC12、気になっているのですが、なかなか入手には至っていません。

天賞堂のプラ製シリーズのC55やC57、C62で懲りた経験からか、どうもプラ製蒸気に踏み出せません。

配管の作りとかどうですか?

No title

Kata改さん

 こちらにもコメント頂きありがとうございます。
 配管に関して言えば私の手持ちの天賞堂のロコに比べても華奢な印象はぬぐえません。
 (写真の状態ではまだ後付けの配管が付いていないのですがそれらのパーツは更に華奢です)
 ここを安っぽいと取るかリアルと取るかがこのモデルの評価の分かれ目となるかと思います。
 (あとついでにお値段との兼ね合いもありますが汗)

 ブラスモデルの場合、本体も配管も基本的に同素材なので質感と細密度のマッチングの点で優れていると感じます。
 個人的にですがプラ素材の蒸機は(メーカーにもよりますが)「でっかいN蒸機」に近い印象で天賞堂や宮沢なんかのブラス製に比べて飾る用途にはいまひとつ向いていない気がします。

 反面走らせると結構生き生きとして見えるので今回の様な「飲みながらゆっくり走らせるw」様な用途には悪くないですね。

 (お座敷運転だと天賞堂のプラ蒸機は足回りが細密で砂撒き管まで再現しているのは良いのですが、反面今にもどこかをひっかけそうでどこかおっかなびっくりの運転になります)