今月のTLV R34スカイライン機動警察車

今回は久しぶりのTLVネタです。
DSCN6455.jpg

 先日リリースされたばかりのR34スカイラインの機動警察車(いわゆる覆面パトカー)
 実はすっかり予約を忘れていまして、行きつけのショップで最後の一個を滑り込みで押えるという綱渡りの入庫となりました。

 「スカイライン」と付くだけであっという間になくなってしまうのですからこのクルマの神通力は相変わらずのようです。
 モデル化されたのは後期形のセダン。2ドアクーペのGT-Rはすでにトミカの通常品で出ていますが、4ドアのモデル化はミニカーではかなり珍しい方です。
 同時発売の「さらば あぶない刑事」シリーズの劇用車の絡みもあってのモデル化の様ですがわたしにとっては望外のリリースと言えます。
DSCN6456.jpg
 個人的な印象ですがR34は「ハコスカ以来の歴代人気のスカイラインのテイストを寄せ集めた様なデザイン」と思っています。
 ハコスカみたいなサーフィンライン、プロポーションはR31、フロントフェイスはR30っぽい(後期形はフェイスリフトで幾分雰囲気が違っていますが)馬力はR32(笑)
 デザインだけ見れば「スカイラインおたくが考える理想のスカイラインの似顔絵」といった趣です。
 過去のテイストの寄せ集めでR34独自の雰囲気が希薄なのが惜しいですが・・・
DSCN6457.jpg
 TLVですがサイズと材質の関係からか少しぼってりとした印象です。
 実車の方はもう少しシャープな印象だった気もするのですが。
 ただしリアビューの再現度はかなり高くTLVの面目躍如というところ。
DSCN6458.jpg
 スカイラインがショーユ風味だったのはこのR34まででしょうか。
 V35以降のスカイラインはある意味国際車にはなりましたがR34とは逆にそれまでのスカイラインらしさと決別したデザイン(元々V35自体スカイラインの後継を想定していないクルマでしたし)二なり一定の成功を収めましたが、R34以前のユーザー(と言うかマニア)を燃えさせるテイストは影を潜めました。

 それを残念と取るかやむを得ないと考えるか。
 いずれにせよR34以前のスカイラインは最近は路上でも急速に姿を消しています。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

京都府警のポスターに出ていた機動警察車

どうもご無沙汰しています。

>≧R34とは逆にそれまでのスカイラインらしさと決別したデザイン(元々V35自体スカイラインの後継を想定していないクルマでしたし)

>R34スカイラインといえば、昔やってた柴田恭兵さんの刑事ドラマ「はみだし刑事情熱系3」に覆面パトカーとして出ていたイメージが強いですね。管理人さんのブログを読むとR34には「歴代スカイラインのいいとこどり」という意味合いが込められていることに感じました。

>≧元々V35自体スカイラインの後継を想定していないクルマでしたし

>V35は、デビュー当時は「これが新しいスカイラインだ!」と感じましたが、管理人さんの記事を読んでるうちに〝2代目ラングレーのキャッチコピー「スカイライン・ミニ」にあやかり「21世紀のスカイライン・ミニ」という宣伝文句でV35を売り出すべきだったのではないか?″と思いました。

その後V36が登場した際に「日本のクルマに、ときめきが帰ってくる SHIFT_passion ときめきをシフトする。」というキャッチコピーがつけられましたが、だったら〝「ときめきが帰ってくる ときめきをシフトする」というキャッチフレーズならR34みたいに「ハコスカ以来の歴代人気のスカイラインのテイストを寄せ集めた様なデザイン」でV36を出してほしかったなぁ・・・”という思いを感じましたね。

自分の中では「機動警察車」というネーミングを聞くと特殊装備を搭載したパトカーのイメージを抱きますが、普通に「ニッサンスカイライン・覆面パトカー」としてリリースしてほしかったなぁ…。

R34後期の覆面車といえば、10年前の11月に京都を旅した際に清水寺の近くのお店に貼ってあった(どんな内容化までは忘れましたが)京都府警のポスターに映っていた覆面パトカーがR34後期だったのを記憶していますが、現実の刑事の足としてR34スカイラインが頑張ってるんだなぁ…と思ったのを覚えています。

Re: 京都府警のポスターに出ていた機動警察車

> 時間ですよ、しんこちゃんたびたび さん

 お久しぶりです。
 V35は元々ローレルの後継者に近い立ち位置だったのではないかと思います。モーターショーで試作車が出た時点であれがスカイラインになると思ったファンはあまりいなかったのではないかと(笑)

 FT86やS660など明快に後継を謳わなくとも「あの車が帰ってきた」的な登場の仕方をするセミリメイク車がそれなりに商売になっている事を思うと5ナンバーサイズに近いシェイプアップされたコンパクト6気筒のスカイラインセダンが出ても良い気がしますね。

 最近の和製セダンは少し贅肉太りが過ぎます。10年位前はシボレーのトヨタ車ともいうべきキャバリエが覆面パトの御用達でしたが今のセダンの大半がアメ車のキャバリエよりも大型化してしまいましたし。