日本型HOゲージの50年の思い出から・クモハ40編

DSCN2031.jpg

 昭和39年版の「模型と工作 臨時増刊・鉄道模型ハンドブック」(技術出版)から50年前の16番モデル工作とそれ以降のNモデルの思い出を語るある意味支離滅裂な企画(汗)
 但し今回は諸般の事情(笑)でいつもと少し趣が変わります。
SNShouo71IMG_3366.jpg

 何故なら今回紹介するモデルが「16番モデル」だからでそれもあってこちらのブログで先行公開させて頂こうかと思います。
 今回はクモハ40から。

 両運転台で単行でも運転を楽しめると言うメリットもあってクモハ40は16番工作向けの素材としては好適と思いますが本書でもきちんと取り上げられています。
ただ、ハードボイルドと言いますか、他の工作記事で前振りに来る実車の解説とか作り手の意欲を刺激するような文句は一切なしでいきなり製作記事に入るところは上記のメリットの大きいモデルだけに少しもったいない気もします。

工作は例によってペーパー車体にバルサの屋根板の組み合わせ。
103系と違ってシルもヘッダもある上に車体のコーナー部を曲面処理する必要のある旧国なので1両だけでもなかなか作り応えのあるモデルと思います。ただ、当時は103系始め151系や153系等の新型電車が爆発的なペースで発表されファンの心を大いになびかせていた時期だけにクモハ40の様な旧国に関心が向きにくい所はあったのではないでしょうか。
DSCN2027.jpg

 そのクモハ40ですが私のところではNではなくKATOの16番と言う形で入線しています。
 これも記憶に間違いがなければKATOの16番では初の電車モデルだったと思います。
DSCN2033_20160713232344c83.jpg
DSCN2032_2016071323234565d.jpg

 恐らくクモハ40自体は他のメーカーからもブラスのモデルがいくつも出ていると思いますが、モデルとしてはそれほど注目度の高い機種ではありません。
 それを敢えてKATOがプラで出したという事は単行でも運転できるメリットを重視した結果ではないかと思います(同様の印象は同じ16番のTOMIXの高松事平電鉄5000でも感じますが)

 ペーパーともブラスとも異なるプラ造形の旧国という事で素材の違いからくる印象の差は感じやすい気がしますが多少の肉厚感はあるにせよプラならではの細密感の高さは流石プラモデル大国日本の電車モデルと言った感じです。
 尤も、CADを駆使して設計されたと思しき造形には可愛げのなさを感じる向きもあるかもしれません。

 ですが縁側なんかでゆったりゆらゆらと走らせて楽しむ分にはとても楽しめるモデルなのも確かです。 



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

クモハ40

 KATOのクモハ40・・・実は手に入れて居ないアイテムの一つです。
クモハ40は面白い形式で1M方式で増結または構内入れ替え用としては重宝されJR化後もイベント車として活用され割と知られている
車両かつ模型化そして模型製作の定番となっています!
模型の世界でも1M方式で走らせても違和感なしですからね。
ある鉄道誌に両運転台・前パン~これが電車の定義ですと言う記事がありましたがクモハ40あたりが該当車です(笑)
私の地元にも1M社が30年ほど前まで現役で、あの東急3450です!
クモハ40を含む釣り掛け駆動車は京福鉄道の事故が原因で引退を余儀なくされたと言うのが定説ですが、やはり製造されてから50年近く
経つと予備パーツ確保が困難となり最後は共食いで確保する方向になりますが製造期間が長い形式だと同一形式でも細かな箇所は異なり
結局は廃車となる・・・これが多くの旧型車の辿った最後で結局は部品調達ですね。
近年だと103系、東武8000系、西武101系なかも似たり寄ったりです。
クモハ40はグリーンマックスから組み立てキットが出ており私も組立たヤツを持って居ます。
クモハ40は鉄道博物館と青梅鉄道公園に保存となりましたが特に青梅の方は屋根があるものの屋外展示なので長期保存を前提とすると
多少気がかりです。
保存と言えば先日、通勤途上で渋谷駅前の初代5000系の前面ガラスの片側にブルーシートが貼られ恐らく破損したと思われますが
改めて保存車両の管理が難しい事を暗示させます。

No title

>星川航空整備部さん

 クモハ40は中古でも出物が少ないですね。私のも見つけるのに2年くらいかかりましたし、その間に「クモハ40の箱の中にナハネフ23が入っていた」なんて中古品に引っ掛かりそうになった思い出も(汗)

 保存車両はその大半が吹きさらし状態ですから高温多湿の日本の気候は地獄に近いですね。
 現在SL銀河として活躍中のC58は40年近く公園で吹きさらしだった奴ですが、地元有志による清掃活動が定期的に行なわれていたそうでこれもレストアが決まった一因になっているようです。

 結局、保存活動も最後はマンパワーと持続力の勝負という事なのでしょうか。