帰省のはなしから・エスクァイアとクルーズコントロールのはなし

IMG_0380-photo.jpg

 今回の帰省はエスクァイアの本格的な長距離走だったので、色々と試す事も重要な目的でした。
 エアコン使用で東北道での100キロ巡航をやって見た範囲では燃費は18・6キロ。
 セダンのアリオン並みの数値に留まりましたが、車重の重さを考えると十分健闘した部類です。

 また、今回はこのクルマに搭載されていたクルーズコントローラーを初めて本格的に試用する事も出来ました。
 とはいってもエスクァイアのそれは最近流行りの自動ブレーキもなければ車間距離調整機能もない完全にひと世代前のものです。

 例えば100キロに速度をセットすればアクセルから足を離してもどこまでも時速100キロを保ち続けるというレベルのものです。
 ですから遅い先行車が居ればそのまま突っ込んで行きますし、カーブでレーンを保つなんて事もやってくれません
IMG_0381-photo.jpg

 正直言って現住地の範囲内ではまず使い道が思い浮かばないギミックであります。
 ですが今回の帰省では普段とは違う条件の走行なので少しは使える場面があるのではないかと考えて往路では可能な限りクルーズコントロールをオンにして見ました。



 結論から言うとこの機能は「盆暮れ正月以外の福島以北の東北道でならどうにか使える」と思います。
 中央道や圏央道みたいにアップダウンが激しかったり車の量が多く車間距離が保ちにくいところではこの機能はまず使えません。

 ですが福島以北の東北道の様に交通量が少なくアップダウンが緩やかな条件では車速が保ちやすいのでこれをオンにする意味はありそうです。
DSCN6554.jpg


 その「意味」とは?

 実は今回クルーズコントロールを使ってみて初めて分かったのですがAT車といえども「常にアクセルに足を乗せ続ける」という行為は長時間続けると「それ自体が気づかないストレスになっている」という事です。
 クルーズコントロールをオンにしてアクセルから足を緩めた瞬間から周囲の状況に向く注意力が上がっているのを感じたのです。
 これは実際意外な発見でした。





 この手のものぐさ機械という奴はかねてから 「乱用すると人間が怠け者になり運転中に寝てしまいかねない」と思っていました。
 事実そういう危険は存在すると思いますし、何より「車を自分が操っている」感覚の喪失から車そのものへの思い入れを失いかねないとも感じます。

 ですが身体的な負担を減らした分をより繊細な注意に向けさせるという点が守られるならある程度の自動化もそう悪い話ではないかもしれません。


 但しそれは「趣味」というより「仕事」に近い概念ではあります。


  家族連れの帰省というのはドライブというよりも仕事に近い行為でしょうし。

 そう考えると帰省用途に特化した様な次期セレナが国産車最高レベルの自動運転能力を持って登場するというのもなんとなくうなづける気がしてきました。
ある意味象徴的な出来事と言えます。

 実際、うちのエスクァイアも実家とか誰かを同乗させた時の評判は上々でしたし、4人乗りモードでは下手なワゴン以上の積載性を誇ります。

IMG_0383-photo.jpg


 何しろエスクァイアが帰省して初めてやった仕事というのが「当日に故障した実家の洗濯機を電気屋に運び買い替えた新しい洗濯機をその場で持ち帰る」というミニバンにしかできない事でしたから。


帰途では前述のクルーズコントロールを駆使
圏央道や中央道、東北道でも仙台~福島間では殆ど用をなしませんでしたが、空いていて比較的ペースを保ちやすい区間では結構威力を発揮しました。

結果帰途の燃費はリッター19キロ。エスティマハイブリッドやアリオンを抜いて過去最高の燃費となりました。
新記録と言えば圏央道効果もあって実走行時間は7時間フラットとこちらも新記録です。

DSCN6600.jpg


かくしてトータル1773キロに及ぶエスクァイアの帰省は無事とは言えないまでもどうにか完了しました。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント