アリオンとカリーナのはなし

DSCN1134.jpg
DSCN1132.jpg
 先日自家用車の車検を受けました。
 これまでのどの車の時もそうでしたが、車検の時の楽しみの一つに「代車」があります。

 以前は旧式の見るからに代車臭かったのが多かったのですが、最近では買い替えの促進の意味もあってか現行車が回って来る事が増えている印象です。

 これまで面白かった代車としてはオペルオメガ、ポルテ、アストラなんかがありましたが今回はアリオンの現行型前期タイプでした。

 最近はミニバンや軽自動車に押されてめっきり種類を減らしているセダンですが、それだけに明らかなハズレ車種も少なくなってきており基本的にはどれを選んでも不満のないレベルと思います。

 このアリオン、車好きの会話にはまず出てこないタイプのクルマで実は私も中身にはあまり期待していなかったのですが乗ってみるとなかなかの好印象でした。
 5ナンバーサイズの割には室内高が採られており意外とゆったり感がある室内は、木目パネルの使い方もシックな感じでしたし、後席のゆったり感は先代のマークXよりも上(頭上の空間の取り方が上手いので窮屈感がない)と思います。
 取り回しの良さは流石5ナンバーサイズでしたし、普通に走る分にはエスティマやアルファードなどよりも軽快。
 何よりミニバン系のクルマが最近忘れている「丁度良さ感」が心地いい感じでした。
 もし、次にセダンを選ぶとしたらこれか兄弟車のプレミオ辺りを選ぼうかと本気で思い始めるほどです。

DSCN1136.jpg
DSCN1137.jpg
 さて、そのアリオンですがかつてはセリカのセダン版(と書くとかっこいい)の「カリーナ」を名乗っていました。
 最近TLVでもモデル化されていますが、写真の型は4バルブツインカム搭載の「GT-R(笑)」というグレードです。この頃のカリーナは市販車初のツインカムターボを搭載したり当時は珍しいスポーツワゴンまで設定していたなかなかにマニアックな車でした。
(同じ中身のクルマがセリカやコロナだったので実は意外性は少ないのですが)

 個人的には初代と並んでこの頃のカリーナは好きなタイプです。

 余談ですが私の故郷には「ホテルカリーナ」というのがありまして地元のトヨタ系のホテルだったらしく以前は「ホテルなのに屋上看板にFMCのたびに新型カリーナの広告がでかでかと飾られていた」のを覚えています。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント