カラーブックスから「日本の私鉄・京浜急行」

 先日のエキチカ運転会の帰りに入手したアイテムから。
DSCN6468.jpg

 カラーブックスの古本「日本の私鉄・京浜急行」です。
 うちのラインナップで京急の手持ちはジャンク品同然のGMのキットメイク1000系の8連とKATOの800系の8連位でどちらかというと少数派です。
DSCN0807.jpg

 ですので今回この本を入手するまではそれほど大した関心はなかったとは言えます。
 が、当時京急と相互乗り入れしていた都営地下鉄5000系とか京成とかがあるのでレイアウト上で「気分だけ京急」を味わうのはやぶさかではありません。

 京王が高尾山行きを中心に「山登り派」の私鉄と化している様に京急の場合は「海水浴派」の編成が売りになっているのが特徴的であると同時に面白い点です。
 この本でも「海水浴電車」にかなりのページが割かれており「電車の本を読んでいるはずなのに気分だけは夏休み」という不思議な読後感を与えてくれるのが収穫ではあります。

 ところでこの本ですが本そのものに私を驚かせたポイントがあります。
DSCN6469.jpg

 それは表紙裏の著者のサイン。
 これ自体は古本を何冊か買っていればそう珍しい物でもないのですが問題は宛名です。

 「謝・宍戸圭一様」
 これに驚くのは余程年季の行った鉄道模型ファン位でしょう。
 年季の行ってない私ですが(汗)

 宍戸圭一氏と言えば人工ホルモンで博士号を取り、晩年は京大図書館の館長を務められていたとか聞いていますが、昭和20年代(1950年代前半)後半に16番レイアウト「鴨鹿鉄道」で当時のTMS読者の憧れの的だったレイアウトビルダーの草分け的存在。
 しかもその鴨鹿鉄道はモディファイを重ねながら少なくとも90年代後半まで現役だったという和製GD LINEの如き様相を呈していたものです。
DSCN0772.jpg
efcfa4e058552cd20bc956ad7db08306.jpg

 その宍戸圭一博士への献本だとすれば少なくとも宍戸氏自身がこの本を手に取って見ていた事になる訳で何だか恐れ多い気持ちになります。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント