「勝太駅発!熱血デュエマ列車!」

 先日の秋葉行きの戦利品から。
DSCN6916.jpg

 鉄コレからこの夏に出ていた「勝太駅発!熱血デュエマ列車!!」
 冗談みたいなネーミングですが、ひたちなか海浜鉄道の実在の車両です。

 コロコロなんかではかなりの人気作(うちの子供もファンの一人ですが)のカードバトルマンガ兼カードゲームの「デュエルマスターズ」とのタイアップによるラッピング車両。
 運行時は実際に車内がカードバトルの会場になっていたという代物だったりします。
 (勝太駅というのは主人公の「切札勝太」にひっかけたのでしょうか?それにしてもなんちゅうネーミングだ)
DSCN6914.jpg

 この種のラッピング列車の題材(少なくともNゲージで模型になる様な)はルパン三世とかゲゲゲの鬼太郎みたいに世代を超えて親しまれているとされるものか、鉄道むすめ、ガールズ&パンツアーみたいな大きいお友達向けの萌え系か、エヴァンゲリオンみたいなその中間のどちらかである事が多い気がします。

 肝心の「今どきの子供たちに人気の作品」がラッピングされるケースと言うのは案外少なく、精々が山手線の電車の戸袋付近にヴァンガードとかの広告シートを貼ったレベルくらいしか思い出せなかったりするのですが。
 (ちびまることかポケモンとて今やドラえもんレベルの長寿作品で親子で観るレベルと言えますか)

 いつの時代もそうですがリアルタイムで子供を熱狂させる題材と言うのは「大概親の世代にとって鼻持ちならない存在である事が多い」ものです。エレキ然りスーパーカー然り、今ならそれがカードバトルと言うだけの話で。
 してみるとひたちなか海浜鉄道は良い所に目を付けた気もします。

 この種のラッピング系の鉄コレは大概「大きなおともだち」を相手の商売のせいか、リリースされるとひと月以内に店頭から姿を消すことが多いものです。
 なのにこのデュエマ列車、発売から二月近く経つというのに何箱も残っていました。

 この辺に鉄道マニアとリアルの子供たちの嗜好の落差の様な物を感じたりもします。
 まあ、どちらが良いとも悪いとも言えないですが。
DSCN6917.jpg

 ただ、これが入線した事でレイアウトの電気街にいい意味での厚みが出てきたのは有難いです。
 上述の理由もあってうちの電気街を徘徊するのは「けいおん!」や「鉄道むすめ」の電車ばかりでしたから。
 たまにはこういうのがいないと痛車のパレードみたいでバランスが取れません(笑)



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

この番組へボットに負けず劣らずカオスですね、裏番組のプリキュアの方見ててこの番組は殆ど見てなかったんですが、見て思った事はお前ら真面目に戦ってるプリキュアに謝れでした。

No title

>光になれさん

 テレビの方は私は殆ど目にしていなかったですが、子供のコロコロなんかをチラ見すると「何かと言うとすぐ『デュエマしようぜ』」か「デュエマサイコー!」ばっかりと言う印象でしたね(笑)

 そう言えばこの間本当に久しぶりに「ヴァンガード」のアニメを見たのですがいつのまにか女の子が主人公の青春ものみたいになっていて唖然としました。