ふたつの「エス」に思うこと・その1

 今回もS660絡みのはなしです。
 昨年入庫したエスクァイアからみではありますが。
 実はエスクァイアを入庫させた直後、別のブログである方から「光山さんが日本人特有な右へ倣え的なクルマを買われるとは」とまで書いて頂き(笑)好評を得ております。
IMG_0639-photo.jpg

 ですがこのクルマ選びは用途を検討した事の他に「2台目にS660を選ぶ」という戦略もありました。

 これまでにずいぶん書いて来たようにS660の最大の短所は「徹底した日常性のなさ」にあります。
 クルマが一台しか選べないと言う条件のもとではS660など到底使えるものではありません。

 ですが一方でエスクァイアが運転を楽しみ切れる車ではない事もまた確かです。
 (ハイブリッドと言う特殊な形式特有の強みと面白さはありますが)

 ですからそれまで乗ってきたタントに代わる軽は極力エスクァイアと正反対の性格のクルマが欲しかったし、そうあるべきだとも思っていました。

 更に自分の足として使うなら可能な限り小さいクルマである事が理想でもありました(この事も折に触れて書いてきましたが)
 その目で見るとエスクァイアと正反対の軽となるとS660かジムニーしかありえません。
 当初の対抗だったマツダロードスターは勿論、アルトワークスやコペンですら「エスクァイアと正反対」と言う点で中途半端すぎたのです。

 ですから今回は「S660の日常性のなさを生かすためにエスクァイアを選んだ」という側面もあります。
 つまり相互の長所を生かし短所を補完するために全く正反対の性格を持つ2台を選ぶ策に出た訳です。

 「S660に出来ない事は全てエスクァイアがカバーする」
 「エスクァイアの持たない物は全てS660が持っている」

 そういうカーライフを一度は体験して見たかった。
 
 それが今回の戦略のかなめでもあります。

 幸いというか不幸にしてというか、現住地は田舎と言う事もあって一世帯に複数のクルマがあるのがごく普通になっています。
 (大概セカンドカーは軽ですが)
 このせいで公共交通機関が県庁所在地とは思えないほどに衰退している側面も確かにありますが何れにしてもクルマ好きにとっては勿怪の条件ではあります。
IMG_0638-photo.jpg

 しかも私の年齢的に言ってスポーツカーに乗れる時間は限られるでしょう。
 正に今しかないという焦りとちょうどそのタイミングで馬力以外のすべての点でスポーツカー(ことによると馬力以外はスポーツカーを通り越して「スーパーカー」かも)の条件を満たしたS660の登場が重なりました。
 これが今回S660とエスクァイアを選んだ理由です。

 日本で一番売れているカテゴリーの一番売れているクルマ(兄弟車のノア・BOXYを含む)であるエスクァイアは日本で使うミニバンとして最も隙のない機能性を持っています。
 その点はこの半年エスクァイアを使って見て最も実感させられた所でした。
 ただ、いつまでたってもあのお下品な顔だけはなじめないでいますが。

 このエスクァイアがあればこそ、S660が選べるといっても良いでしょう。

 S660は間違っても帰省には使いませんし県境より遠い所にも滅多に行かないと思います。
 ましてや運転会におかもちを運ぶために駆り出される事もありません。
 車中泊などとんでもない(笑)

 ですが一方で自宅の周囲にはミニバンでは走りを楽しめない山岳路や峠のコースが現住地には無数にあるのです。
 そこを走り切るのにこそS660がある。
 そういうクルマに必要以上の大馬力も4WDも必要ありません。
 もっと言うとリアシートすら邪魔なのです。

 一方で他のクルマにない非日常性と「曲がり、停まりのクォリティ」だけは(安全面からも)絶対に必要でした。
 この一点に特化したスペックを持つS660はかねて私が持ちこがれていた車そのものだったのです。

IMG_0680-photo.jpg

 さて、現実にツートップ体制が実現してから何が変わったかについては次の機会に。

 ところでエスクァイアとS660、色のほかにどちらも頭に「エス」が付く点だけが共通しています(笑)


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント