3D化作戦とこれからの目論み

DSCN1170.jpg
 昨年末にカムコーダを新調した話をしましたが、これを決断したきっかけのひとつが昨年のテレビの地デジ化でした。

 実は家のテレビは11年間頑張ってくれていたもので地デジ化の当初は接続するレコーダのチューナーで視聴しておりました(笑)
 が、流石にそろそろ限界が来たため急遽地デジ対応させる事とし、ついでなので3Dにも対応させようとなったものです。
 自宅の電気事情からいって高画質でも重くて電気をバカ食いするプラズマは論外。
 結局37インチ程度の液晶TVに落ち着いたわけです。

 画質その他の話はいずれ触れますが、それは置いておいて、

 そうなるとカムコーダも3Dに対応させたいのですが、現行品の3Dモデルはレンズ部が貧弱な印象でイロモノ臭が強く購入を躊躇していたところでした。そこへPanasonicのTM750の処分品に当たった訳です。

 3CCDとライカレンズの組み合わせにプログレッシブ記録の高画質で3Dを考えなくとも十分画質で勝負できる上に、アダプタで3D撮影にも対応できるというのは魅力でした。

 暮れに購入した時はアダプタが取り寄せだったのですが、正月ギリギリのタイミングでアダプタが届きました。

 早速帰省時の風景を中心に3D撮影に挑戦したりしたのですが、その時に気づいた事から「これはレイアウト撮影に好適なのではないか」と思えるようになりました。

 この話の続きは後ほどに。




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント